BOSE AW-1D

f0041031_0143845.jpg
・・・というCDラジカセをもう15年以上も愛用しているが、ついに最近、CDデッキの調子が悪くなってきた。メーカーではスピーカー部分はまだ修理できるけど、CD部分はもう修理してもらえないらしい。
そういえば、CDデッキ以外の操作ボタンもいまいち反応が鈍くなってきて、PowerOffボタンを3回くらい押しなおしてやっと止まったりすることもある。

いろいろ探してみたら、こちらでオーバーホールや修理をして頂けるらしい、、、
結構、お値段するなぁ~、と思ったけど、そういえばそうだった、これ、元々がすごく高かったんだ(27万円くらい!)。ちょうど学生時代から愛用していたオーディオセットが壊れてしまった時に、当時勤めていた会社にBOSEが訪問販売に来て、デモの音を聴いて衝動買い(しかも36回払い!!)してしまったんだった。。。(^^;;;
2chとかでは、”ボッタクリ商品”なんて書かれてて、でも持っている人はみんな「その値段でも、音が良いから文句なし、後悔なし」と書いてて、持ってる私もホントにその通りだと思っている。

とにかく、音は良い!!
特に好きで聴くJAZZとかクラシックと凄く相性が良いみたい。オーケストラやビックバンドの迫力満点の音も、ピアノトリオなんかの繊細な音も、どっちも良く再現されていると思う。じっくり聴くだけでなく、休日にボリュームを絞ってFMをBGM代わりに流しっぱなしにしてても、音が自然で柔らかいので全く邪魔にならないのも良い。これだけいつも聴いてて15年以上もしっかり鳴っているんだから、十分に元は取れた。
元は取れたけど、この音が生活から無くなるというのは、今となっては考えられない。

・・・ということで、思い切ってオーバーホールに出すことにした。
しばらくあの音が聴けないのは寂しいけど、ま、明日からまた出張でどっちにしても聴けないんだしぃ~!?
今回いろいろ調べて、AW-1Dは一部では歴史的名機と言われているらしい事がわかって、えへへ~、私の耳もなかなかのものじゃん!?と、ちょっと嬉しかったりもした。(^^)

「CDラジカセが30万!?」なんて驚かれそうだけど、考えてみたら「125ccのバイクが80万!?」というのと同じ。
私にとってはそれ以上の価値のあるもの、良いものは良いんだよね!(^^)

by konomi-caffe | 2011-04-04 00:22 | Comments(0)