TBI2012) DAY-5 大豊~船津(後半)

今年のラリーモンゴリア2012は悪天候で、北部のステージはほとんどSSキャンセル、かなりハードなリエゾンが続いた模様。
昨年、実際にモンゴル北部のアルベイヘールからアタールへ向かうETAP7で雨に降られた際、「砂だから雨の方が締まって走りやすいかも?」と思ったのは大間違いで、全く水分を含もうとしない大地に、雨は染み込まずに川のように地表を流れて、その下はスケートリンクのようにちゅるちゅるちゅる~~、、、(TOT)
とにかく高めのギアで一定のスピードを保ちつつ、「停まっちゃダメだ!停まっちゃダメだ~~~ぁ!・・・(><)」とブツブツ唱えながら必死にバランスを取りながら走ったのでした。

そんな事を思い出す夏の一大イベントが終わっても・・・GWのTBIのレポートはまだ5日目です、、、(^^;;;

はっ!と気付くと、次のGSに進むにも、前のGSに戻るにもガソリンは確実に足りない!
「さて、どうしよう?」とりあえずスーパーリザーブの600ccを補充しながら考える。。。
むむむぅ~~~・・・どっちにしても足りないなら先に進もう。最悪、ガス欠で停まってしまっても、後ろから来る人がいるかもしれない。
今にコマ図に乗ってないGSが目の前に現れるんじゃないか?なんて期待しながら、とにかく燃費運転、舗装の下りはニュートラルにしてエンジンオフ、、、気休めかな~??(;_;)

・・・と、神戸ナンバーのツーリングのバイクが2台、休憩中。もしこの辺りの地理に詳しい人だったら、一番近いGSを教えてもらえるかも!!(^o^)
「すみませ~ん!ここから一番近いGS、どこだか知ってたら教えて頂きたいんですが・・・」
「え!?いや~、、、この近所には無いよ。」
「あ、、、そ、そうですか~・・・(;_;)」
「あとどのくらい走れるの?」
「多分、30kmちょっとくらいです、、、40kmは、、、ん~~・・・?」
「おじさん、1.5L持ってるから、お姉さんに分けてあげるよ。」
「え?本当ですか!? ありがとうございます~ぅ、助かります~ぅ!!」
(同い年くらい(?多分)のおじさんに「お姉さん」と言われてしまったので、ガッカリさせないよう、なるべく声のトーンを上げて若作り・・・もちろん、ヘルメットも脱がない!!(^^;;;)
「お姉さん」と言われて気を良くしてしまい(山価格でもあるし)、500円を受け取ってもらい、再出発!
良かった~、これでコマ図のGSまでは余裕で辿り着ける!!(^o^)
222km地点のGSで給油したら、8Lタンクで7L入った。あ~、、、おじさん、本当にありがとうございました!!

その後はCP2と一度の給油以外は休みなしで一気に393.65kmのGSまで。
もうすっかり暗くなって、照明がまぶしいGSでは仙台のAべさんや、XRのK藤さんと一緒になる。
「いや~、今日もきついね~!」
「あと、80kmですね・・・」
「頑張りましょう!!」
声を掛け合っているうちに、今度はかんちゃんや右近さんの御一行が入って来た。
「頼む、30分だけ寝かせてくれ~・・・」と言う寝不足の右近さんにかんちゃんが「よし、じゃあ2km先のコンビニで休もう!」とこたえて、私にも声を掛けてくれたが、コマ切れの休憩は自分のリズムに合わなくて却って疲れるので「私はここでもう少し休んでく・・・」と断って、GSでトイレやドーピングを済ませ、バイクにもちょっと減ってたエンジンオイルを補給してやってから出発。

・・・が、そのコンビニのすぐ先の左折するポイントを間違え、住宅街の中をウロウロ。周囲があまりにも静かなのでさすがに「エンジン音、煩くないかなぁ?」と心配になる。
大きな通りに戻ってもう一度ウロウロしてたら、1台が曲がっていくのが見えたのでそちらに。
「あれ~、こんなところに入口があったのか、、、完全に見落としてた!(^^;;;」
その後に現れた8km程のダートを抜け、、、
「だ、だ、、、だめだ、眠すぎる・・・(><)」
スタンディングしたり、歌を歌ったり、、、でも、気がつけばボ~~ッとしてて、ふらついて転倒しそうになって目を覚ましたり。。。
一度、バイクを停めて体操した方が良いかも?・・・でも、SS入口まであと少しだし・・・でも、ね、、む、、、い、、、T字を左に曲がり、バイクを停めて・・・

「おーい!!こんなとこで寝てると野犬に喰われるぞーー!!」
ん???ん?!・・・あれ!?
どうやら行き倒れて、道端で寝ていたらしい・・・!(><)
数台のバイクのライトが眩しい。 
起こしてくれたのは、かんちゃん御一行だった。ありがとう!!

「SS入口まであと15km!行くぞ!!」
慌ててヘルメットをかぶり直し、半分寝ぼけたままバイクに跨り、混ぜてもらって走る。
周りのバイクのヘッドライトが、どれも凄く明るくて、それだけで目が覚める。やっぱり、次にTBIに来るならライトはもっと強化して来よう・・・
SS入口にはあっという間に到着。23時のクローズに間に合った!
みんな空気圧の調整とかいろいろ準備を始めたけど、私はもう、早くキャンプで寝たいので、そのままSS-IN。

さっきまで明るいライトと一緒に走ってたので、一人になると自分のH4光軸ズレライトが本当に心細い。
SSなのに、ソロリ、ソロリ、、、という感じで進むと・・・
「あれ? フロントフォーク!?」
道端の茂みから、ホイールのはまっていないフロントフォークがニョキっと顔を出している!?
スタッフが徐行のサインを送る(サインが無くても徐行状態だったけど・・・(;_;))、その場所の山側には「あ!?M井くん??」
「あらま、M井くん、また何かやっちゃったのね?? 若いなぁ、もう!!(*^^*)」
そうなのだ、どうしたってそこに若手イケメンラリーストがいれば、そっちに目が行っちゃうものなのだ!(^^;;;

・・・少し行って「あれ?でもM井君、バイクにまたがってた!・・・じゃ、あのフロントフォークは??」
ま、いいか、とにかく今日も無事にゴールしてご飯食べて、早く寝るんだ~!(^^)

キャンプに到着し、テントを立てて寝床の準備をしてからご飯を食べ、コマ図を巻く。
うちのチームは、しまさんはここまで順調で、順位もなんと10位以内をキープ!(^^)
シラス君も朝のSSでの転落で2時間のペナルティはついたものの、怪我も、バイクの損傷もなく無事にゴールできそう。
3人で明日のゴールに向けて最後の整備。
私のバイクで気になるところは、、、リアのブレーキパッドとクラッチの重さくらいだけど、どちらもどうにもならない。。。(;_;)
気休めにクラッチレバー周りにCRCとオイルを吹きつけて、ラジエター液も確認。あとはチェーンにオイルをさすくらい。
・・・と、突然しまさんから「最終日くらいは3人一緒に走りましょうよ~!2人ともいつも先に行っちゃうんだもん!(;o;)」との提案が。しまさんはスピードがある分、途中で寄り道してグルメや温泉を楽しむ余裕があり、そうやって5日間走っていたようだけど、私はスピードがないので、とにかく休まずに走り続ける状況になり、全くルート上で一緒になる機会がなかった。
「え? いや、私はペースが遅いからとにかく先行しないと、と思ってただけだから。だから私のペースに合わせてくれるんなら大歓迎だけど、ホントに良いの?」
それで良いみたいなので、最終日は3人で一緒に走ることにした。
・・・そうだよね、私たちチームだもんねぇ!(^^;;;

・・・とM井くんがゴールしてきた。
「あ、お帰り~! さっき、なんでSSで停まってたの?」
「あの、、、落ちたんです、、、」
「え?M井くんが?」
「はい、僕が落ちて、、、37Pさんも落ちたんです」
「はぁ??(+_+;;;(2台で接触でもしたのか??)」

聞いたところによると、M井くんは私が見た現場のもう少しスタート寄りの地点で大きめの石かなにかに振られて転倒し、バイクは林道に残ったのだけど、人間だけ崖下に転げ落ちた。で、崖が険しくて登れず、つづら折れの下の道に降り、そこから林道を歩いてバイクに辿り着き、再スタートした。
少し行ったところで、今度は37Pさんとバイクが共に崖下に落ちていたので、どうせ自分も落ちてこのSSのタイムはどうでもいいし、チームメイトだし、ということで、バイクの引き上げを手伝ったとの事。
・・・そうだよね、君たちチーム「ラリーぱみゅぱみゅWestJapan」だもんねぇ!(^^;;;

「でも、バイク重かったでしょ!?よく2人で上げたね~・・・」
「いえ、だから、バラして上げたんです」
「えーーーーーーっ!!(@o@)」
そうかっ!そうか、そうかーー!!それであそこにフロントフォークが・・・!(^O^;;;
わはははは、、、やるじゃん!?37Pさん。
(しかし、現場ではM井くんに気を取られてて、そこに37Pさんがいる事に全然気が付かなかった・・・(^^;)
・・・ということで、あちこちにその件を触れまわると、みんな「え~!?」とか「あ~、そうか!!だからあそこにホイールが落ちてたのか~!」とか、「え、落ちてたのは判ったけど、まさか・・・!」とか、いろいろな反応を示すのがまた可笑しい。

そうこうしているうちに37Pさんゴール!
「いや~、大変だったよ~、3時間くらいかかったよ~・・・」
と言ってる割にはアドレナリン爆発のようで、かなりハイテンションで、転落直後はバイクの下敷きになって脱出が大変だったとか、まずタイヤレバーで斜面を削って足場を作るところから始めたとか、バイクをバラした順番とか、フレームとエンジンを上げる際は引っかかって邪魔になるレバー類はタイラップで固定してから上げたとか、、、次から次へと話がとまらない!なんだかんだ言って、実はあの状況をかなり楽しんだ様子!?(^^;;;

朝のSSの時点では、シラス君の崖落ちでうちのチームがネタ部門優勝かと思ったけど、ここでネタ部門の優勝は完全に「ラリーぱみゅぱみゅ」に持っていかれた!
やっぱりスピードと根性のあるチームは、ネタのスケールも違う!負けてもこの清々しさは何!?(^^;;;

明日は最終日で距離も短いという安心感もあり、結局この夜もおしゃべりで夜更かし・・・
ま、楽しいからいいのよ!!(^^)

by konomi-caffe | 2012-08-20 23:47 | TBI2012 | Comments(0)