TBI2012) DAY-6 船津~美馬(いよいよゴール!)

いかん、いかん、、、モンゴル帰りの●田さんのレポートが猛スピードで追い上げてきた!!
しかも、DAY-4の朝のSSは、CP-1の後だったって、、、そうだったっけ??すっかり忘れてた・・・(ーー;;;

ま、そんな昔の話?ですが、やっと最終日、DAY-6です(^^;;;

今日も晴れた!
昔のTBIを思えば、一週間でこれだけ晴れてくれれば御の字です(^^)

ではあるが、、、スタート直前にシラス君があたふた・・・チェーンのクリップにクラックが見つかったらしい!(>_<)
「一旦スタート後に修理してから行くから、SS抜けても先に行ってて!」
今日はチーム3人で一緒に走ろう!という事だったけど、それもちょっとお預けに。。。

SSは昨夜の逆走だったけど、ルートそのものはほとんど覚えていないので、やっぱり慎重に。
f0041031_23255059.jpg

f0041031_23262950.jpg

昨日一日リアブレーキ使わないで走っててその走り方に慣れちゃったのか(?)、寝ぼけてたのか(?)、前半はコーナーで思ったより膨らんでドキッとして「あ、、、リアブレーキ忘れてた・・・(^^;;;」という具合にとっ散らかりつつ、後半やっと「よし、もう今日で最後だからリアブレーキ解禁!(^^)」と気分が乗って来た(目が覚めてきた?)ところでゴール。。。

SSを出て少し行ったところにあった観光案内所か何かの広い駐車場で、結構な台数が溜まってて、しまさんもいたのでここで合流。ご近所会のうしさんがガソリンが無い、、、ので、分けてもらうのにしまさんのスーパーリザーブ用を借りているところだった。
そうだ、そうだ、、、私もスーパーリザーブを移しておかなくちゃ・・・(^^;;;
今日の最初のGSはコマ図によると95km地点。昨夜は給油からゴールまでに80km走っているので、合計175kmはスーパーリザーブを使ってもぎりぎり持つかどうか・・・(><)
でも、ナックさんがスマホで検索して(スマホ、やっぱり便利だな~・・・(^^;)、この先にGSがありそうだと言うし、しまさんも、合流したシラス君も燃料に余裕はあるようなので、とりあえず、省エネ運転で先に進むことにした。

しまさん先導、シラス君後ろで3台で出発。初めてのTBI合宿を思い出して、ヘルメットの中で噴き出しちゃった(^^)
走る時も、食事も、整備も、いっつもてんでバラバラで、全然チームっぽいまとまりは無かったけど、それでもなんだか可笑しくて、楽しかったねぇ!?
「木の実山部屋」なんてふざけたチーム名と親方、関取、新弟子の役回り?が、意外にそれぞれのキャラにはまっちゃってて、部外者にもウケちゃったのか、自分たちよりも周りのみんながチームとして見てくれてた感じ??
またこの3人で組むんだったら、チーム名も「木の実山部屋」でいいかな??(^^;;;
無事に給油も済ませ、のどかな海沿いの道を走ってCP-1。

・・・で、この先のルートが変更になって林道が一本キャンセルになるとの事。
CP2までに温泉マークもいくつかあるし、お昼と温泉、どうしようかとチーム会議(^^;
でも、私のペース(巡航スピード&入浴時間)で両方堪能は厳しいし、お風呂はゴールしたら入れるし、、、ということで、お昼をちょっとゆっくり楽しもうという事になって出発。

少し行くと「道の駅」ならぬ「海の駅」と名付けられた道の駅?があったので、きっと美味しいお魚が食べられるのでは?と期待して入るが、、、あれ?メニュー、お蕎麦だけ??
・・・が、隣のお土産品スペースにはたくさんのお魚が!!(^^)
よし、これを買ってお蕎麦と一緒に食べよう!ということで、お刺身やら焼き魚やらブリの煮つけやらも仕入れる。なんだかシラス君が「え?それ?」と言ってるけど、、、え?なんか言った??
お蕎麦も来て「いっただきま~~す!!(^o^)」と言ったその時、隣のテーブルのおばちゃんが
「ねえねえ、お兄さん達、それ、食べられるの??」
「???」

煮つけだと思ってたブリ、よくよくラベルを見たら、なんと!みりん干しだった~~・・・(;_;)
「だから言ったじゃん、それ食べられないよって・・・」とシラス君。
「しょうがないじゃん!長野の山育ちなんだもん、茶色かったら煮つけだと思っちゃうよ!」と逆切れの私(^^;
「僕も埼玉の山育ちだもん・・・」と、しまさん(^^;;;
ダメもとで食堂のおばちゃんに焼いてもらえるか聞いてみたけど、やっぱり駄目ということで、ブリのみりん干しは閉会式のBBQ用に海育ちのシラス君のリュックに、、、ここで、私でもしまさんのリュックでもなく、シラス君のリュックというところが、やっぱり新弟子の役回り??すまんね(^^;;;

それでも満足の昼食の後、それぞれデザートのソフトクリームを手にバイクに戻ると、、、
あれ!?37Pさん、なんで今頃??
「いや~、大変だったんだよ~!」
あれあれ!?いったい今度は何!?と思ったら、ポケットから出して見せてくれたフロントのスプロケット、歯が全く無くなってる!(@o@;;;
シラス君曰く「チェーンソーの歯みたいだ~~!」
朝、気がついて四国の知り合いに持っていないか連絡して、スプロケットは無いけどグラインダーはあるというので、それで削って歯を作ろうと思ってその方の家を訪ねたところ、その方がKTMに乗っている知り合いにあたってくれてて新品のスプロケットを持っている人を紹介してくれたそうな。
37Pさん、トラブル続きだけど今日のその知り合いの方といい、昨夜偶然通りかかって助けてくれたM井君といい、実は結構、運が良いのでは??(^^;;;

オフィシャルのトラックも来て、どうやら私達が最後尾のようなので慌てて、今度は37Pさんも加えて4台で出発。
林道に入ってY田さんの乗ったランクルをパス。その先は、クレバスがあったり落石や土砂崩れがあったりで結構楽しい道(^^)
林道を抜けて給油して、橋を渡ってすぐのトイレでトイレ休憩。最後尾だと思ってたら、その後また右近さんやW辺さんや、何台かがやってきて大勢で自販機の前でまったり休憩してたら、Y田さんのランクルが、、、おぉ!あそこのクレバスを越えて来たんだ~!

ここでしまさんのガソリンタンクからガソリンが漏れている事が発覚!
振動でどこかに穴が開いたか、ヒビがはいったか、、、このままでは危ないし、航続距離にも響くし、、、なので、先行してもらう事にして、シラス君も付いて行くことにしてお見送り。
満タンにして漏れて来たのなら、穴は上の方??・・・そうなら、ある程度ガソリンが減って、漏れも止まれば良いのだけど。。。

そこからはまた一人になって、マイペースで2本目の林道に。
ちょっとぬたっていて、ここも楽しい(^^)
分岐が多くて、途中、ミスコースしてI崎君やU山K君と一緒にウロウロするが、すぐにオンコースを見つけて無事に通過。CP-2がどこだったか思い出せないけど、これも無事に通過して後はゴールに進むのみ。

どこかで待っててくれるかな?と思ったら、ゴール手前のコンビニにバイクが2台。
「いた~!! やっぱり私達、チームだもんね~!?(^o^)」
コンビニでゴールの乾杯用の缶ビール(私はノンアルコール(^^;;;)を仕入れ、3台でウイニングラン!?・・・そして一緒にゴール!!(^^)

ここで、プシュ~ッ!カンパ~~イ!!が嬉しくて仕方ない(^^)
なぜなら、ノンアルコールビールが今のように出回るまでは、下戸の私はソフトドリンクだったので、プシュ~ッ!ができなかったから・・・(;_;)
アルコールが入ってなくても、一緒にプシュ~ッ!としただけで、何!?この素晴らしい一体感!?(^^;;;
あ~、シアワセ~~・・・

その後は慌ただしくシャワーを浴び、表彰式、閉会式、更にコテージでの2次会と、寝不足にも拘らず、深夜まで笑いが続いたのでありました(^^)

チーム「木の実山部屋」は、「心の友」「GO!GO!MISAKING!」に続き3位。「心の友」は粒ぞろいの野郎ばかりで大きなペナルティが無く、手堅かった。「MISAKING」には今回はリーチさんがチェーン切れで絡めなかったけど、いつもなら優勝争いに絡んでくる実力者が二人もいる。それを考えると、私が32位と全体の真ん中以下のタイムで更にシラス君が崖落ちして2時間もペナルティがついたにも拘らず予想外の好成績!?
ま、他のチームもいろいろトラブルがあったからね・・・これがチーム戦の面白さなんだね!?(^^;;;
もちろん、チーム成績に大いに貢献したのは総合でも6位に入ったしまさん!
表彰式でのコメントも落ち着いていて、心技体揃った横綱候補のよう・・・(^^)
(実はしまさんは、うちのチームの最年少!・・・なのに、あの落ち着き(^^;;;)
「もしかして、オレが落ちてなかったらMISAKINGに勝ってたかも??」なんて呑気に言ってるシラス君は、やっぱりもう暫くは新弟子かな?(^^;

で、当初から大いに注目されていたネタ部門の優勝は、もちろん「ラリーぱみゅぱみゅ」でした。
めでたし、めでたし・・・(どこが)??(^o^)

ということで、やっと、やっと、、、TBIレポート、おわりです(^^;;;
最後まで読んでくださった方、ありがとうございましたm(__)m

by konomi-caffe | 2012-08-27 23:49 | TBI2012 | Comments(6)

TBI2012) DAY-5 大豊~船津(後半)

今年のラリーモンゴリア2012は悪天候で、北部のステージはほとんどSSキャンセル、かなりハードなリエゾンが続いた模様。
昨年、実際にモンゴル北部のアルベイヘールからアタールへ向かうETAP7で雨に降られた際、「砂だから雨の方が締まって走りやすいかも?」と思ったのは大間違いで、全く水分を含もうとしない大地に、雨は染み込まずに川のように地表を流れて、その下はスケートリンクのようにちゅるちゅるちゅる~~、、、(TOT)
とにかく高めのギアで一定のスピードを保ちつつ、「停まっちゃダメだ!停まっちゃダメだ~~~ぁ!・・・(><)」とブツブツ唱えながら必死にバランスを取りながら走ったのでした。

そんな事を思い出す夏の一大イベントが終わっても・・・GWのTBIのレポートはまだ5日目です、、、(^^;;;

はっ!と気付くと、次のGSに進むにも、前のGSに戻るにもガソリンは確実に足りない!
「さて、どうしよう?」とりあえずスーパーリザーブの600ccを補充しながら考える。。。
むむむぅ~~~・・・どっちにしても足りないなら先に進もう。最悪、ガス欠で停まってしまっても、後ろから来る人がいるかもしれない。
今にコマ図に乗ってないGSが目の前に現れるんじゃないか?なんて期待しながら、とにかく燃費運転、舗装の下りはニュートラルにしてエンジンオフ、、、気休めかな~??(;_;)

・・・と、神戸ナンバーのツーリングのバイクが2台、休憩中。もしこの辺りの地理に詳しい人だったら、一番近いGSを教えてもらえるかも!!(^o^)
「すみませ~ん!ここから一番近いGS、どこだか知ってたら教えて頂きたいんですが・・・」
「え!?いや~、、、この近所には無いよ。」
「あ、、、そ、そうですか~・・・(;_;)」
「あとどのくらい走れるの?」
「多分、30kmちょっとくらいです、、、40kmは、、、ん~~・・・?」
「おじさん、1.5L持ってるから、お姉さんに分けてあげるよ。」
「え?本当ですか!? ありがとうございます~ぅ、助かります~ぅ!!」
(同い年くらい(?多分)のおじさんに「お姉さん」と言われてしまったので、ガッカリさせないよう、なるべく声のトーンを上げて若作り・・・もちろん、ヘルメットも脱がない!!(^^;;;)
「お姉さん」と言われて気を良くしてしまい(山価格でもあるし)、500円を受け取ってもらい、再出発!
良かった~、これでコマ図のGSまでは余裕で辿り着ける!!(^o^)
222km地点のGSで給油したら、8Lタンクで7L入った。あ~、、、おじさん、本当にありがとうございました!!

その後はCP2と一度の給油以外は休みなしで一気に393.65kmのGSまで。
もうすっかり暗くなって、照明がまぶしいGSでは仙台のAべさんや、XRのK藤さんと一緒になる。
「いや~、今日もきついね~!」
「あと、80kmですね・・・」
「頑張りましょう!!」
声を掛け合っているうちに、今度はかんちゃんや右近さんの御一行が入って来た。
「頼む、30分だけ寝かせてくれ~・・・」と言う寝不足の右近さんにかんちゃんが「よし、じゃあ2km先のコンビニで休もう!」とこたえて、私にも声を掛けてくれたが、コマ切れの休憩は自分のリズムに合わなくて却って疲れるので「私はここでもう少し休んでく・・・」と断って、GSでトイレやドーピングを済ませ、バイクにもちょっと減ってたエンジンオイルを補給してやってから出発。

・・・が、そのコンビニのすぐ先の左折するポイントを間違え、住宅街の中をウロウロ。周囲があまりにも静かなのでさすがに「エンジン音、煩くないかなぁ?」と心配になる。
大きな通りに戻ってもう一度ウロウロしてたら、1台が曲がっていくのが見えたのでそちらに。
「あれ~、こんなところに入口があったのか、、、完全に見落としてた!(^^;;;」
その後に現れた8km程のダートを抜け、、、
「だ、だ、、、だめだ、眠すぎる・・・(><)」
スタンディングしたり、歌を歌ったり、、、でも、気がつけばボ~~ッとしてて、ふらついて転倒しそうになって目を覚ましたり。。。
一度、バイクを停めて体操した方が良いかも?・・・でも、SS入口まであと少しだし・・・でも、ね、、む、、、い、、、T字を左に曲がり、バイクを停めて・・・

「おーい!!こんなとこで寝てると野犬に喰われるぞーー!!」
ん???ん?!・・・あれ!?
どうやら行き倒れて、道端で寝ていたらしい・・・!(><)
数台のバイクのライトが眩しい。 
起こしてくれたのは、かんちゃん御一行だった。ありがとう!!

「SS入口まであと15km!行くぞ!!」
慌ててヘルメットをかぶり直し、半分寝ぼけたままバイクに跨り、混ぜてもらって走る。
周りのバイクのヘッドライトが、どれも凄く明るくて、それだけで目が覚める。やっぱり、次にTBIに来るならライトはもっと強化して来よう・・・
SS入口にはあっという間に到着。23時のクローズに間に合った!
みんな空気圧の調整とかいろいろ準備を始めたけど、私はもう、早くキャンプで寝たいので、そのままSS-IN。

さっきまで明るいライトと一緒に走ってたので、一人になると自分のH4光軸ズレライトが本当に心細い。
SSなのに、ソロリ、ソロリ、、、という感じで進むと・・・
「あれ? フロントフォーク!?」
道端の茂みから、ホイールのはまっていないフロントフォークがニョキっと顔を出している!?
スタッフが徐行のサインを送る(サインが無くても徐行状態だったけど・・・(;_;))、その場所の山側には「あ!?M井くん??」
「あらま、M井くん、また何かやっちゃったのね?? 若いなぁ、もう!!(*^^*)」
そうなのだ、どうしたってそこに若手イケメンラリーストがいれば、そっちに目が行っちゃうものなのだ!(^^;;;

・・・少し行って「あれ?でもM井君、バイクにまたがってた!・・・じゃ、あのフロントフォークは??」
ま、いいか、とにかく今日も無事にゴールしてご飯食べて、早く寝るんだ~!(^^)

キャンプに到着し、テントを立てて寝床の準備をしてからご飯を食べ、コマ図を巻く。
うちのチームは、しまさんはここまで順調で、順位もなんと10位以内をキープ!(^^)
シラス君も朝のSSでの転落で2時間のペナルティはついたものの、怪我も、バイクの損傷もなく無事にゴールできそう。
3人で明日のゴールに向けて最後の整備。
私のバイクで気になるところは、、、リアのブレーキパッドとクラッチの重さくらいだけど、どちらもどうにもならない。。。(;_;)
気休めにクラッチレバー周りにCRCとオイルを吹きつけて、ラジエター液も確認。あとはチェーンにオイルをさすくらい。
・・・と、突然しまさんから「最終日くらいは3人一緒に走りましょうよ~!2人ともいつも先に行っちゃうんだもん!(;o;)」との提案が。しまさんはスピードがある分、途中で寄り道してグルメや温泉を楽しむ余裕があり、そうやって5日間走っていたようだけど、私はスピードがないので、とにかく休まずに走り続ける状況になり、全くルート上で一緒になる機会がなかった。
「え? いや、私はペースが遅いからとにかく先行しないと、と思ってただけだから。だから私のペースに合わせてくれるんなら大歓迎だけど、ホントに良いの?」
それで良いみたいなので、最終日は3人で一緒に走ることにした。
・・・そうだよね、私たちチームだもんねぇ!(^^;;;

・・・とM井くんがゴールしてきた。
「あ、お帰り~! さっき、なんでSSで停まってたの?」
「あの、、、落ちたんです、、、」
「え?M井くんが?」
「はい、僕が落ちて、、、37Pさんも落ちたんです」
「はぁ??(+_+;;;(2台で接触でもしたのか??)」

聞いたところによると、M井くんは私が見た現場のもう少しスタート寄りの地点で大きめの石かなにかに振られて転倒し、バイクは林道に残ったのだけど、人間だけ崖下に転げ落ちた。で、崖が険しくて登れず、つづら折れの下の道に降り、そこから林道を歩いてバイクに辿り着き、再スタートした。
少し行ったところで、今度は37Pさんとバイクが共に崖下に落ちていたので、どうせ自分も落ちてこのSSのタイムはどうでもいいし、チームメイトだし、ということで、バイクの引き上げを手伝ったとの事。
・・・そうだよね、君たちチーム「ラリーぱみゅぱみゅWestJapan」だもんねぇ!(^^;;;

「でも、バイク重かったでしょ!?よく2人で上げたね~・・・」
「いえ、だから、バラして上げたんです」
「えーーーーーーっ!!(@o@)」
そうかっ!そうか、そうかーー!!それであそこにフロントフォークが・・・!(^O^;;;
わはははは、、、やるじゃん!?37Pさん。
(しかし、現場ではM井くんに気を取られてて、そこに37Pさんがいる事に全然気が付かなかった・・・(^^;)
・・・ということで、あちこちにその件を触れまわると、みんな「え~!?」とか「あ~、そうか!!だからあそこにホイールが落ちてたのか~!」とか、「え、落ちてたのは判ったけど、まさか・・・!」とか、いろいろな反応を示すのがまた可笑しい。

そうこうしているうちに37Pさんゴール!
「いや~、大変だったよ~、3時間くらいかかったよ~・・・」
と言ってる割にはアドレナリン爆発のようで、かなりハイテンションで、転落直後はバイクの下敷きになって脱出が大変だったとか、まずタイヤレバーで斜面を削って足場を作るところから始めたとか、バイクをバラした順番とか、フレームとエンジンを上げる際は引っかかって邪魔になるレバー類はタイラップで固定してから上げたとか、、、次から次へと話がとまらない!なんだかんだ言って、実はあの状況をかなり楽しんだ様子!?(^^;;;

朝のSSの時点では、シラス君の崖落ちでうちのチームがネタ部門優勝かと思ったけど、ここでネタ部門の優勝は完全に「ラリーぱみゅぱみゅ」に持っていかれた!
やっぱりスピードと根性のあるチームは、ネタのスケールも違う!負けてもこの清々しさは何!?(^^;;;

明日は最終日で距離も短いという安心感もあり、結局この夜もおしゃべりで夜更かし・・・
ま、楽しいからいいのよ!!(^^)

by konomi-caffe | 2012-08-20 23:47 | TBI2012 | Comments(0)

TBI2012) DAY-5 大豊~船津(前半)

甥っ子殿接待から解放された昨日の午後、実は初めてFUTUREを最後まで見た・・・(^^;;;
マジに記憶がやばくて、思い出せなくて、「そうだ!FUTUREの映像見れば思い出すかも!?」と思った次第(結局、たいして思い出せなかったんだけど)。
・・・で、ビックリしたのがゴール後にカンパイして350ml缶を片手に「クラシックって感じ!原点回帰って感じ!!もうねえ、(なんたらかたら)」とコメントする自身の映像。
「な、なんだこりゃ!?(@o@) まるっきり、新橋の酔っ払いサラリーマンじゃん??(ーー;;;」
でも、手にしてるのは間違いなくサントリーのオールフリー、もともと下戸なのでアルコールは一滴も口にしない、、、のに、なんだ?なんだ??この状況は!??
まあ、ゴールの感動に酔っていたという事にしよう・・・(ーー;;;

・・・で、ゴールはまだまだ遠いDAY-5

やっと晴れた~!(^o^)
テントをたたんでスタート。SSに向かう途中でこっそりスーパーリザーブタンクの600ccをタンクに補充して、よし、これで今日の最初のガソリンスタンドまではなんとか。。。
SS入り口ではイケメン若手M井君がコースがクリアになるのを待ってから入ると言って停まってたので「そんなに狭いの?」と情報収集。でもまあ、私の場合は人様の邪魔になることはあっても、自分が困ることはなさそうなので、遠慮せずにSS-IN。

コーナー2つ回って長いストレートでアクセルオン・・・??ん!?
林道の右側の崖下に引っ掛かっている赤いバイクと、道端に立っている、、、シラス君!?!?(@_@)
ブレーキ・・・「どした?」「落ちた」「わかった」
そんなの会話しなくても判るだろー!?(^^;;;と今なら笑い話だけど、その時はちょっと気が動転。
とりあえず再スタート。頭の中を整理しながら走る。
シラス君が落ちた場所は、、、もう前の人達が知らせてくれてるだろうな。
でも、なんであんな、何もないストレートで落ちるんだ??
バイク、スタッフに引き上げてもらったら失格だっけ?・・・となると、チーム名もリザルトから消えるのか~、う~~む、助けるべきか、見捨てるべきか、、、やっぱり親方は最後まで弟子の面倒は見ないと!?
そんな上の空状態で走っていたのに、なぜかこのSSは途中で3~4台を抜くという超常現象まで起きた(多分、SSに入ったのが自分より下位の人達の後だった&前の方で何か発生してた?&地元車侵入で開設が遅れたので15秒間隔スタートだったから?)。
f0041031_016682.jpg
f0041031_0161218.jpg


ゴールと同時にスタッフに「すいません、SSクローズ後に#12を助けに入りたいんですが・・・」「え!?・・・ん~、とりあえず向こうと連絡は取ってみるからちょっと待ってて。」

SSクローズまで待ってみたが、その後「なんとか大丈夫そう」とのことだったので、シラス君が後ろから来るのを信じて再スタート、この時点で最後尾なので先を急ぐ。
24km地点で給油。8Lタンクなのに、なんと7.9L入った、、、ということは、あのスーパーリザーブが無かったらガス欠してた!(><)

今日は昨日、一昨日に比べてダートの比率が多く、変化があるので気持ち的には楽だ。
・・・が、しかし、リエゾンではリアブレーキ温存の為なるべく使わないように、しかも、いつもの如く左手がもう駄目になっててクラッチもうまく握れないので、エンジンブレーキとフロントブレーキだけでただでさえメリハリのない走りを更にメリハリなく走る。
なので、やっぱり記憶にも残らない・・・(^^;;;

コマ図を見ると、ガレとかクレバスとかロックとかで「!!」マークが続いてるけど、これも全然記憶になし(^^;;;
途中のうどん屋の前にかんちゃん達のバイクが停まってたので、きっとここは美味いに違いない!と思って私も入ってみた。シカ肉だったかシシ肉だったかが入ったうどん、塩気が効いてて美味しかった~!(^^)

多分CP-1はこの後だった?(と思う)。
到着したと同時に後ろから「あ~!やっと木の実さんに追いついた~!!(^o^)」とシラス君が追いついてきた。ホッとした半面、なんだかあまりにも脳天気に嬉しそうなので「なんだよ~、なんか心配して損した、バカヤロー!」という気分。

その後も黙々と剣山等を走るが・・・はっ!?ガソリン!!
あれ~??どっかでGSあったっけ??
次のGSは・・・え、え、、、当分無い!!
コマ図を見返してみると99km地点に一つ。次は222km地点。99km地点のGSを見落としてそのまま走り続けてしまった。222km地点まではもちろん、99km地点に戻るにもやっぱりガソリンが足りない!
どうする?どうする?どうする~~~???


あ、もうこんな時間だ、寝なきゃ!
・・・つづく

by konomi-caffe | 2012-08-17 00:22 | TBI2012 | Comments(0)

TBI2012) DAY-4 大月~大豊

あはは、、、DAY-3のレポートでN山さんに遭遇した事を書いたけど、ライバルチーム「ご近所会」のエース、●田さんのレポートからそれはDAY-2だったことが判明・・・(^^;;;
ま、私の記憶力で、もう3ヶ月以上も前のことを思い出そうとすると、こういうのも無理もないという事でご勘弁を。。。
そうそう、●田さんのレポートの充実ぶりは凄いです。特にチームエントリーの紹介なんか秀逸!?
まだ読んでない人は是非、そっちも読んでみて下さいね(・・・って、勝手に宣伝しちゃいました(^^;)。

さてさて、DAY-4。

朝になってもやっぱり雨(ToT)
昨夜はなにもしないで寝ちゃったので、マップも巻いてない!!・・・ので、東屋の軒下にバイクを入れて大急ぎでマップ巻き。順位が後ろの方でスタートがゆっくりなのが助かる。
今日のターゲットもCPやSSの開設時間ではなく、462km地点のGSに19:30。
しかし!しかし!! 今日は昨日よりスタートタイムが2時間遅い!!(><)
大丈夫なのか?・・・なんか、無理かも~!?・・・いや、なんとかしなきゃ!!

そんなわけで、この日は(も?)とにかく先へ、先へと急ぐ。
SSもどんなだったか全然覚えていない・・・多分、カッパを着てるからこの写真かな??
f0041031_081459.jpg


CP1は最近のTBIではお馴染みらしい「カフェたぬき」。南国風?の小さなお洒落なカフェで、暖かいコーヒーとおやつを、雨を避けつつ頂いた。
それからの記憶も曖昧。海沿いをひたすらくねくねと行く舗装路とか。。。

途中で雨が襟元から侵入してきて、寒くて寒くてガタガタ震えるほどになってきた。暖かい長そでのインナーは着ているものの、防寒着は持っていない。時間ももうお昼を過ぎている。
「よし、コンビニで首タオル用にタオル買って、あと、暖かくて甘いコーヒーも!」と思い、コンビニへ。みさキングの助さん役(?)、リーチさんのハスクも停まっている。
買い物をしてたらオフィシャルのトラックが、、、続いてシラス君が、、、他のエントラントも続々と御来店。なんで?なんで??
どうやら、この先はしばらくコンビニがないので、ここで腹ごしらえをしておこうという事らしい。
大勢の仲間の顔を見て少し安心したのか、甘いコーヒーが胃を刺激したのか、私も急にお腹がすいてきたので、急遽、おでんやら味噌汁やらも追加購入。とにかく熱い汁ものが旨い!旨すぎる!!(^O^)
皆もそれぞれ、カップラーメンをすすっているが、、、昨夜がシーフードカレーで今朝もその残りだったのに、更にお昼に37Pさんはカレーヌードルを食べている!
どんだけカレーが好きなんだ??と思ったけど、それを指摘したら「あ!?い、いや、身体が温まるかと思って・・・」。はぁ、確かにそれも一理ありますねぇ・・・(--;;;

襟元の防水、防風対策をしただけで、体感温度は格段に高くなって快適。途中に藤の花が凄くきれいに咲いてて、気持ちもかなり癒されて前向きに。(^^)
林道の途中にあったCP2でスタッフのS砂さんから「この先のソフトクリーム、食べてくの?」と声を掛けられる。「え!?ソフトクリーム!?」「あれ?木の実さんならばっちりチェックしてると思ったんだけど・・・」
多分、この日のコマ図は自分で貼ってない(読んでない)から、ノーチェックだったんだろう。それはそれは是非、寄っていかねば・・・(^^;;;

林道を下りつつコマ図を巻くと、確かに「ソフトクリームがおいしいよ」のコメントが!
T字路の突き当たりの右手にそのソフトクリーム屋さんがあったので、迷わず停まって注文。
「おぉ、ホントに美味しい!!(^O^)」
ので、後から通過してくるエントラントに「美味しいよ~!」と手を振るが、皆、身体に私ほどの断熱材は備えていないらしく、「勘弁して~!」とか「寒くて無理~!」とか叫びながら、首を横に振ってスルーしていく。。。と、見覚えのあるWR250Fが入って来た。
彼は中部のN野さんに遊んで頂いた時に何度かご一緒したエンデューロライダー、内山Kくんだけど、久々に会った彼は見違えるようにスリムになってて、最初は誰だか判らなかった・・・
ここ2~3年は、バイクよりも自転車ばかり乗るようになって、それでシェイプアップしちゃったらしい。それがなんでこのTBIに?と思ったら、2001年のラリーレイドモンゴルで私と一緒のチームで走ったY井さんからICOもマップホルダーも一式もらい、じゃあ行ってみるか、という事で、2001年の第13回大会以来の参加らしい。なんと、13回大会なら私も出てたから、実はその時に会ってたんだね!?
・・・と、また1台入って来た、と思ったらシラス君。しかし、立ち寄っただけで肝心のソフトクリームを食べずにまた出発。
なんだ?なんだ!?失礼じゃないか~! 第一、それでちゃんと1日4000kcal取れてるのか??(ーー#

ハタと気付く・・・あれ?今日は急ぐ予定だったんじゃ!?
いか~~~~ん!!462km地点のGS、間に合うのか??(*O*)
・・・無理っぽいが、とにかく急ごう。もしかしたら、コマ図にないGSもあるかもしれないし。。。
四万十川源流を通過し、354kmのGSで給油。次のGSを目指してもっと速く、もっと速く、、、が、私の技量ではこのアベレージが精いっぱい(><)
さめうらダム周辺の舗装路や林道を抜け、集落に出るが・・・まだほんのりと日が残っているのに既に428km地点のGSは閉店。460km~464kmには立て続けに4件のGSがあったが、どれも全て閉まっていた。。。(ToT)
もう20:00になろうという時間なんだから、無理もないか。

なんだか気が抜けた状態でSSに向かう。
光軸の調整を忘れてたので、調整ネジをめいっぱい締めたけどまだ高い・・・う~~~ん、、、なんか、もういいや!
既にここまで最後の給油から130km弱走ってるので、念のため燃料コックをリザーブにしてからSS-IN。
このSSもどんなだったか全然!覚えてない・・・多分、この写真かな??
f0041031_044045.jpg


今回はどうも夜のSSはモチベーションが上がらない。スタート地点でスタッフに「ガケですから気をつけてください」なんて言われると更に気持ちは後ろ向き、、、歳取ったって事!?(^^;;;

雨も小降りになったビバークの夕飯は、かつおのたたき!それ以外にもいろいろあってちょっと豪華だった気が・・・
あれ?「ご近所会」のぐんそがえらくスッキリした格好で早々にご帰還!?
・・・と思ったら、クランクケースに穴が開いてリタイヤだって!
何?そんなに派手にコケたのか?ネタを持ってかれたなぁ・・・と思ったけど、よくよく聞いたら、今までに何度も何度もコケた度に、ペダルの滑り止め加工?のギザギザのところがあたってケースを少しずつ削ってて、ついに今日、トドメをさしたという事らしい。。。
それだけの回数コケててめげないのは褒めるけど、ちょっとネタとしては地味かな~??(^^)

さすがに夕べは何もしなかったので、今夜のビバークでは出来る範囲でバイクの点検。管理棟の軒下でマップを巻いたあと、チェーンを張ってオイルさして、やっぱり点かなくなった左後ろのウインカーを直して、エアフィルターは・・・雨続きなんだから汚れるわけないと思ったけど、なんか泥水がついてたので交換。
タイヤはグリップより持ち重視で前後MT21にしてきたので、交換は無し!
巻き込んでグニャグニャのナンバーを直すのはちょっと私の腕力じゃ無理だし、、、よし、もう作業終了!寝るか!?

しかし、しかし、、、しかし!!
しまさんやナックさんがブレーキパッドがもう無いって!
は!?もしや、もしや・・・・・・・・・が~~~~ん!!新品を入れてきたはずなのに、私のもほとんど終わってる、、、(@@)けど、
「お~っほっほっほ!TBIにスペアのブレーキパッドを持ってくるなんて、常識よ!(^o^)」
そう、実は私、以前からTBIにはブレーキパッドは必ず持って来てた。昔のTBIは雨が当たり前だったので、当時のエントラントは結構、持ってきてる人が多かった。
今日はほとんどノーブレーキでリエゾンを走ってたというナックさんには2~3mm残っているフロント用を、1mmも残ってないリア用を「お守りに下さい!」というしまさんに差し上げる事になった。
フロントはナックさんが交換してくれる事になり、リアの交換を自分で始めるが、、、あれ?なんかうまく入らない??
「木の実さん、これ、違いますよ!」「え~~~!?(*o*)」
家にあったのを持ってきてたんだけど、多分、以前乗ってたXR用か、古い(’99あたりの)125用か、、、2つあった在庫品?のうち、きれいな方を持ってきたんだけど。。。
(帰ってから重ね合わせてみたら、確かに違ってた、、、出かける前にちゃんと確認するんだった~・・・(><))
「しまさん、ゴメン!!!リアパッドはあげられない・・・」
あ~、しまさん、そんな悲しそうな大きな瞳で、私を見つめないで~!?(^^;;;

そんなこんなで、この夜は結構夜更かしになってしまった。
しまさんも、ナックさんも、その横では右近さんや、、、かなりの人数がまだタイヤ交換等をしていたが、お先におやすみなさい。。。

by konomi-caffe | 2012-08-09 00:09 | TBI2012 | Comments(2)

TBI2012) DAY-3 大洲~大月

曇ってはいたけど、雨は止んでいる、、、それだけでもありがたい!?
今日は全行程513.12kmで、しかもダートは76.65kmのみ。交通量があって対向車もそれなりのスピードでブラインドコーナーから飛び出してくる、クネクネと永遠に続くように感じる四国の舗装路は、精神的にホントに辛くて大嫌い。林道の方がよっぽど気が抜けて楽だ。
・・・とブーたれてても仕方ないので出発。

今日のターゲットタイムは、CPやSSの開設時間ではなく、私的には472km地点のGSに20:00。これに間に合わないと、最悪、明日の最初のGSまで燃料が持たない!!(*_*)
・・・なので、とにかく今日は先を急ぐ作戦(^^;;;

朝のSSは結構走りやすいハイスピード(?と言って良いと思う)林道だったけど、途中2箇所の分岐を両方とも間違えて真っすぐ突っ込んでしまい、方向転換に苦労する。足が長ければ、アクセルターン1発!?なんだけどねぇ・・・?
後で聞いたら、結構、間違えた人もいたみたい。2箇所とも、、、かどうかはわからないけど。。。(ーー;;;
まあ、SS自体は気持ちよく走れたからいいや!(^^;
f0041031_2394363.jpg


SSを抜けたら、SS以上に急いで先へ、先へと進むが、そういう時に限って、有名な古い旅館の前を通るためだけに信号がいっぱいある町中をわざわざぐるっと一回りさせられたりして、ちょっとイライラ・・・いや、こういうものを見てもらいたいという主催者のご厚意を理解しないとね。。。(^^;;;

久万のあたりに差し掛かかったところで、数台のオフロードバイクが停まっていた。
「ん?何かあったのかな?」と思ったら、どうも地元のツーリンググループのようだったので、会釈して通過しようとしたところ、私を呼びとめようと走り寄ってくる人が。。。
なんと、地元のN山さんでした!!(^^)
わ~い、まさかこんな所でお会いできるとは!
どうやら、ルートを予測してここでTBIのエントラント達を待ち伏せ?(^^;して、応援して下さっていたみたい。いつもの私なら、ここでバイクを降りて、ヘルメット脱いで、おやつを広げて1時間おしゃべり、、、なんだけど、残念ながら、とにかく今日はそういう急ぐ日だったので、泣く泣く?、その場を立ち去ったのでした。
N山さん、失礼しました。次こそはゆっくり遊んでくださいね!

そこからしばらく走ると「あれ?この道はたしか・・・!」
そうです、ON&OFFに行く道です。ICOの数字が増えるたびに、胸がドキドキします。
おっちゃんがお亡くなりになったという知らせを受けたのは、今年のお正月でした。どうして?どうして?・・・もう1回だけでも会いたかった!!(;_;)
ON&OFFに立ち寄れる!という嬉しさと、立ち寄ってもおっちゃんにはもう会えない、という寂しさが入り混じった複雑な気持ちで飛び込んだ駐車場には・・・
f0041031_2310565.jpg

わ~~~い!!元気なおっちゃんの看板がニコニコとお出迎え(^^)
中に入って美味しいコーヒーを一杯。お店の中も相変わらずで、カウンターの中のじゃこ天さんのマスターっぷりも板についています。
お昼にはちょっと時間が早いし、先も急ぐし、オフィシャルカーまで来ちゃったし、、、で、ちょっと迷ったけど、かつ丼はTBI後にとっておくことにして、そそくさと再出発。

竜馬脱藩の道から四国カルストにかけて、霧雨が本格的な雨に。。。
途中でシラス君が追いついてきてガソリンの心配をしてくれたけど、「カルストを降りたところにGSがあるから大丈夫!」と答えて、先に行ってもらい、またまたカッパを着る。昨日も今日も、カッパを着るタイミングが遅い・・・もう、びしょびしょだ(ToT)。
四国カルストから国道に降りた所にあるはずのGSは・・・!?!?
しまった~~ぁ!Ruins of GS・・・Ruinって、たしかモンゴルのコマ図にもあった!廃墟って意味だった~~!!・・・(ToT)
そう、そこにあったのはGSの廃墟。そういや、ここ、ずっと前からもう廃業してたような・・・?

ひゃ~~あ! ガソリン、どうしよう??
国道をウロウロして、農協のお兄さんに聞いたら、この先の津野町まで行くしかないらしい。
コマ図では途中で右折だけど、それを無視して津野町までガソリンを入れに。。。はあ、今日は急ぐはずなのに~・・・(ToT)
オンコースに戻り、川沿いの狭い1車線の舗装に入る。途中、パン屋さんで何台かが昼食中なのを見てちょっと迷ったけど、寄らずに行く事に。あ~、やっぱりON&OFFでかつ丼食べとくんだった。。。(;_;)

しばらく行くとCP1(そういえば、CP1がどこだったか、覚えてない・・・(^^;;;)でインフォメーションがあった工事通行止め区間。う~~、、、ますます472km地点が遠くなる・・・(;_;)
だいたい、これだけ足止めされるとわかってたら、ゆっくりかつ丼食べてたよ~・・・(ToT)
30分近く足止めされたあと、大勢で一気に押し寄せたCP2ではルート変更のインフォメーションが、、、林道を1本、ショートカットするらしい。
足止めさせられた分を少しでも取り返せるか・・・??

でも、雨で満足にメモも取れないし、これでミスコースしたら本当にGSに間に合わない。ちょっと心配だなぁ・・・と思っていたら、シラス君も同様だったみたいなので、とりあえず、本来のルートに戻るところまで一緒に行くことにした。しばらく走って、本来はT字で突きあたるところの酒屋をなんとか見落とさずに確認。よし、これでなんとか・・・
その後もそのままの流れで、シラス君と途中で一緒になった仙台のA部さんと3台でつるんで走る。GS手前の林道で日が暮れてきた。。。ん?んん!?前が全然見えない!?(><)
自分のライトが思いっきり上を照らしてて路面を照らしてない&後ろの2台のライトが明るくて目の前には自分の真っ黒な影・・・!!(ToT)
「ダメだ、ダメ、全然、見えない~!! 前を走って!」と、シラス君とA部さんに前を走ってもらってついていく。まるで介護老人状態??

なんとか閉店10分前くらいに、472km地点のGSに到着。
ホッ・・・これで今日は走り終わったようなものだわ!?(^^;;;
さらにギリギリの時間にありさちゃんも到着。えらい!一人で来たの!?よしよし、一緒に行こう!というノリで今度は4台でつるんでSS入り口に。
ここまでの行程で、光軸が全く合っていない事がわかったので、SS入り口で3人に先にいってもらい、取り合えず持ってきた強力な小型LEDライトをヘルメットにつけてSSイン。

・・・ダメだ、霧や雨の細かい水滴に光が反射して、かえって目の前が真っ白で何も見えない!!(ToT)
結局、ヘルメットにつけたLEDライトを消して、ロービームのまま走る。スタート時に「左側はガケですから気をつけてください。途中、がけ崩れのところに撮影スタッフがいますので、それも気をつけて」と言われた事を思い出し、右側の山肌に沿って、ソロソロと進む。
あ、ここか!というがけ崩れを越える瞬間、前方からやたら明るい照明とカメラのフラッシュ・・・(><)
まぶしくて前が見えない!・・・危ないだろーー!!もうちょっと考慮してよ~(ーー#
f0041031_2315590.jpg


SSも無事に通過してビバークにゴールしたが、雨はますます激しく、気温も下がってきた。
夕食のあったかいカレーがやたらと美味しい(^^)
テントに入ってフライシートに打ち付ける雨音を聞いていたら、外に出るのが億劫になってしまった。
もう整備をする気も失せた。光軸も明日の夜のSSまでに直せば良いや・・・
早々にシュラフにもぐって就寝。

あ~、明日こそ雨、止んでくれ~・・・(;_;)

by konomi-caffe | 2012-07-30 23:24 | TBI2012 | Comments(0)

TBI2012) 写真のみ

写真だけでも先に・・・

 忘れた頃のTBI2012の写真

ここから画像を取り出せば、出張先からでもレポート書いてUpできるな!?
書けるかどうかが、問題だけど・・・(^^;;;

by konomi-caffe | 2012-07-30 21:43 | TBI2012 | Comments(0)

TBI2012) Day-2 東予~大洲

北海道から無事に帰ってます・・・が!!
その前にTBIのレポートが全く進んでいなかった(><)

ということで、巻いていきます。ってか、もう記憶がかなり曖昧(^^;;;

Day-2 東予~大洲

どうも四国は雨らしい。フェリーを降りる前、カッパを着る派、着ない派。
晴れ女を自称する私としては、ここでカッパを着るのは敗北に等しい?(^^;;;ので、カッパは着ずにフェリーを降りる。。。
が、結局、降りてしばらく行ったところですごすごとカッパ着用。
く~~~~うぅぅ・・・屈辱!!(T_T)

朝のSSは普通の林道。でも、まだバイクが重いので、恐る恐る・・・
f0041031_22211580.jpg

この日は成績順のスタートではないので、後ろから速いライダーがどんどん来る。
九州のたいちぇんさんが抜いて行った時は「あっ!?」というよりは「ん??」という間だった。
つまり「え、今、抜いてった??」というくらいのスピード差(^^;;;
たいちぇんさんの動画を見ても、他のライダーを抜くときは遠くに見えてて少しずつ近づいて抜いていくという感じなのに、この時の私は画面の端っこに突然、ふっと現れてすぐに消えてた(^^;;;
もしかしたら、たいちぇんさん本人も私を抜いたことに気づいてなかったかも??(;_;)

きっと雨は上がるはず、きっと晴れるはず・・・と、心の片隅に希望を持って進むも、雨は一向に止まず、霧も出てきて、宇和島を望むというビューポイントも何も見えずに素通り。
停まるのも面倒でCP近くまでほぼノンストップ。時間調整で何人かが溜まっているところに合流しておしゃべりの後、時間を見てCPに・・・でも、なんと、30分も早く開設されてもう20台以上が通過していた。某大物さん達の圧力らしい。
真面目にルールを守っているライダーが不利になるなんて、フェアじゃない。だいたい、ルールに厳格なはずのSSERがこんな事をするなんて。。。ま、この何年かの間に変わって来たということか。

夜のSS、、、のはずだが、まだ明るいうちに開設されていて、辛うじて日のあるうちに入ることができた。
f0041031_22223345.jpg
見た目はなんてことないのに、ちょっとアクセルを雑に開けるとすぐにツルンと滑るいやらしい路面。2回くらい冷や汗かいてからは、慎重に、慎重に進む。スタートしてしばらくすると、ドイツチームのカールさんが前を走っていて、「先に行け」と合図をしてくれた。
f0041031_22231155.jpg
カールさん、ドイツチームの中では一番身体が大きいからという理由だけで、BMWのやたらデカイやつ(すいません、興味ないので車種がわかりません・・・m(__)m)をあてがわれてしまい、苦戦している様子。そんなでも、いつもニコニコ、すっごく良い人でした(^^)

SSを抜けて、ビバークに到着。まだ関取も新弟子も到着していないと思ったら、新弟子はパンク修理、関取はグルメ三昧?だったらしい。関取は早くもリエゾンの林道で転倒して、ライトがちょっと小首を傾げたようになってしまっている。でもまあ、大丈夫でしょう!!(^^)
雨でまた左後ろのウインカーが点かなくなってしまったのと、ウインカースイッチが固くなってしまったのを直して、チェーンにオイルさして、この日の整備は終わり。

雨が止んでいるのが救いだ。このまま天気が回復してくれると良いんだけど・・・

by konomi-caffe | 2012-07-26 22:27 | TBI2012 | Comments(0)

TBI2012) DAY-1 スタート

前夜はお久しぶり~!!(^^)の人も多く、プラザ坂下の走行ビデオを見ながら楽しく宴会。
朝はこれまたお久~な方への挨拶回り等でのんびり。

受付順調、装備品検査はたっぷり3000kcal近くありそうな非常食(別名おやつパック(^O^))にカロリー計算表がついてない(でも、そんなの2007年以前に言われたことないよ~!)と物言いはついたもののすんなり終了、車検も余裕かと思いきや・・・!?

あっれ~??ウインカーつかない~~!!(><)

左後ろはいつもの通り、接触不良ですぐに対応完了。さすが、我ながら慣れてるね!?・・・と安心する間もなく、あれあれ、右は前後ともつかない!!・・・なんで、なんで??

ライトカウルを外して配線チェックを始めたところに、救世主うなぎさん登場!!(^O^) 
手際良く原因切り分け、スイッチの接触不良と判明。分解不可のパーツなんだけど、たっぷりパーツクリーナーを注入したところジャリジャリと砂が・・・(^^;;;
これでウインカーがついて、良かった良かった!と車検ラインに並んだものの・・・今度はホーンがプップーッ!と鳴らなきゃいけないのに、ヴォッヴォ~・・・といってるからダメだって!
なんか、以前より車検、厳しくなってないか~??(><)

これも、その場でうなぎさんに調整して頂いて、時間ギリギリでやっと車検通過。
うなぎさん、本当に、本当にありがとうございました。m(__)m

余裕だと思っていたのに、もう全然時間が無くなってて、お昼のお弁当を食べるか?マップを貼るか?の究極の選択を迫られるほどの事態に!
もちろん、お弁当を食べましたが・・・(^^;;;
マップは今からセットする2日分だけ、残りは今夜のフェリーで貼ろう。

ちなみに、この親方の一大事に弟子2名は・・・「うなぎさんが面倒見てるなら大丈夫だと思って・・・」(^^;;;

で、プラザ坂下のコースを逆走で2周というSS-1があっという間にスタート。相変わらずの、この危なっかしいツンツンの足着き。
f0041031_21484011.jpg
実は本番3週間前にミサイルさんの極上中古の野口シートを購入。もともと私の400は、足着きを良くする為に2cmくらい車高を下げてあるのに、アンコ盛りシートを乗っけて、結局足着きをプラマイ0にして、、、ある意味、何やってるんだ?私(^^;;;
でも、舗装の移動が多くてシッティングも多いTBIでは絶対に効果が大きいハズだよ、きっと!(^^)

それにしても、ラリー仕様のマシンは重いだけじゃなく、こういうコースを走るとあちこちがガタガタ、ガシャガシャとうるさいなぁ、と思いながら走っていると、あっという間に30秒後にスタートしたしまさんが・・・!!
f0041031_21485479.jpg
さすが、我が部屋を背負って立つ関取、あっと言う間に見えなくなっちゃった。。。(^^)

コースの途中から細いわき道に誘導され、タイトな左コーナーの先の登り、行こうと思った外側のラインに最大のライバルチーム「ご近所会」のぐんそ女王がおねんね!! 
おっとっと、、、と停まると同時に「あ!?足届かない!、、、お、お、重い。。。」で、早速立ちゴケ(ToT)
バイクを起こして内側のラインに移動させて、再発進、、、と、この間、シラス君のブログによると、後ろから続々と追いついて来た「チーム心の友」の面々は、悉くぐんそと私にブロックされて散々な目に遭っていたらしい・・・(^^;;;
いや、更にその後ろからスタートしてきた「チームラリーぱみゅぱみゅWestJapan」の37Pをもブロックしてたらしい・・・!

ほっほっほ!!親方はチームの為にちゃんと働いたわよ!?(^O^)

その後もマイペースで進み、1周目の終わり、、、「ん??どうなってるの??」
どうも、1周目の人と2周目の人は左右で違うルートに行かなきゃいけないらしい!?と気付いた時にはもう遅く、間違えて2周目のルートの方へ入ってしまった。後ろから追い付いてきた右近さんもつられて同じ方へ、、、すまんね!
いっけね~・・・とバイクを降りてUターンの為に切り返し始めて「ん?待てよ、そうすると禁止されている逆走? でもテープに触れるのもペナルティ??」軽くパニックで固まることしばし、、、スタッフ(あ!スノジさんじゃないですか!)に「どうしたら良いの~??」「仕方ないなぁ、ちゃんと案内を見て下さいね、、、」持ち上げてくれたテープをくぐってコース復帰。
「でも、見えても字、ちっちゃくて読めないよ・・・(;_;) スタート前に説明してくれたって良いんじゃないかい!?(ーー#」

2周目もさっきのポイントでまたも引っかかる。。。そうか、外側のラインはザクザクだったのか、じゃあ、1周目も、ぐんそがいてもいなくても引っかかったという事か・・・(^^;;;

そんなこんなでSS1はグダグダでゴール。
ゴール後に見たら、なんと、早くもナンバープレートを巻き込んでる!!
そうか、後ろの方で最初のうちだけ煩かったガシャガシャという音は、ナンバーを巻き込んでた音だったのね・・・
新品のナンバーステーは無用の長物であったことが判明、、、あ~あ!

坂下を出てからは、地元車の事故渋滞があったり、くねくね細い舗装道路とか、、、なんだか眠いだけだったのは覚えているけど、それ以上の記憶がない(^^;;;
CP1を過ぎたら高野山だったかな? ここは20年以上も前に女子2名でオンロードツーリングで来て以来だ。その時はGPZ400Rだった・・・若かったなぁ!(遠い目)。

ピーカンなのは良いけど、かえって暑くて熱中症になりそう!?自販機の冷たい飲み物でクールダウン。
そこからは有名な建物もいくつかあったけど、足着きが悪いバイクに乗ってて一番避けたいのは停車する事なので、写真も取らず(というか、カメラも持ってってなかったし(^^;;;)に通過。
・・・したいところだったけど、給油で停まらざるを得ない事に気づく。今回はノーマルタンクなので、120km毎には給油しておきたい。
正直、今回のTBIでは「給油、給油、給油、、、次のGSは!?」と常にガソリンの心配をしてた気がする。。。(ーー;;;
この日も、坂下を出てすぐ給油、高野山で給油、フェリーに乗る直前で給油、、、と200kmの間に3回も給油した。

フェリー乗り場には比較的早めに到着。夕食のお弁当を配給されて食べる・・・ん!?天ぷら??・・・お昼のお弁当も天ぷらだったけど(^^;;;
シラス君が「出航までまだ時間があるからマップ貼っちゃえば? 手伝うから・・・」と。
偉い!偉いぞ、新弟子!!よくぞそこまで成長した!? お手伝い、よろしくね!(^^;
シラス君、しまさんに手伝ってもらってあっという間にマップ貼り終了(^^)

達成感?に浸りながら??(^^;;;みんなでアイスクリームを食べる、、、うんま~~~!!(^O^)
f0041031_2151918.jpg
「やっとチームとしての一体感が・・・!」と感動のしまさん(^^;;;
おっと!?「いいな、いいな!」と、「ご近所会」のエース、●田さんまでアイスを!
f0041031_21514910.jpg
ふっふっふ・・・これでうちが一歩リードか!?

フェリーに乗り込み、速攻でお風呂でさっぱりした後は、ロビーでプチ宴会。いい加減遅くなってから、TBI参加者用の2等船室に戻るが・・・ふぐぐっ!!凄い臭い!!(><)
汗の染み込んだブーツやらプロテクタやらヘルメットやらが発する強烈な臭気が、部屋に充満してるだけでなく、廊下にまで。
下戸でお酒を一滴も飲んでない私は、臭くて寝れない、、、(ToT)
あ、そうだ、お風呂で使った手ぬぐい、石鹸の匂いがしてるはず!!
石鹸の香りの手ぬぐいを顔に掛けて、ようやく眠りについたのでした。。。(^^)

by konomi-caffe | 2012-05-27 22:20 | TBI2012 | Comments(2)

TBI2012) チームエントリー

もう北海道4daysのプレエントリーも終わっているという時期なのに、今更ながら、TBI2012の事。ぼちぼちと書いていきます。
北海道4daysのスタートまでにはレポートもゴールしたい・・・(^^;;;

今回は珍しくチームエントリーという形で参加、、、でも、言っとくけど、あのチーム名は私が考えたんじゃない!
3月に「チームエントリーしませんか~!?」と呼びかけてくれたシラス君が
「じゃあ、チーム名は木の実部屋でどうでしょう?」
なんて言い出したのだ。
「こ、こ、、、こいつ、ヒトを出汁に笑いを取ろうってか~??(ーー;」
・・・というわけで、
「正しくは木の実部屋ではなく、木の実山部屋である。しかし入門資格は男子の場合は体重80kg以上。軽々しく入門できるなどと思ったら大間違いなのだ、、、ふんっ!!」
と、やんわり拒否したその時、しまさんから衝撃のカミングアウトが!!
「自分は80kgを軽く超えてるので新弟子検査は通りそうです!」
は!?・・・ばか、ばか、ばか~~~ぁあ!!空気を読め~~!!(ToT)
(あえて、読めないふりをしていたのか??)

そんなこんなのやり取りのあった次の日曜日までにチーム名を考えようという事になったのだけど、結局、春休みで遊びに来ていた甥っ子の接待に忙しく、週末はあっという間に過ぎて、不本意ながら「チーム木の実山部屋」結成となってしまったのでした。。。

こうなったら仕方ない、チーム名からして私が親方、親方の言う事は絶対だ。弟子たちよ、私の言う事には絶対服従だ、しっかり親方の面倒をみてくれよ・・・!?
(・・・という事を、最初にしっかり意識合わせしておくべきだったなぁ!(^^;)
実力も貫禄も風格も十分のしまさんはすでに立派な関取、実力はありそうだけど体重不足でホネも弱いシラス君は新弟子というところか?
ここはひとつ、しまさんには綱取り挑戦、シラス君には毎日4000kcal摂取で立派な力士に育ってもらわねば・・・!?(^^;;;

そんなわけで、すでにエントリー時点でネタ系チームの筆頭に躍り出た「チーム木の実山部屋」であったが、果たして、果たして・・・??

つづく

by konomi-caffe | 2012-05-17 00:30 | TBI2012 | Comments(2)

TBIから無事に帰りました~!(^^)

・・・というか、遅くなりましたが、とっくに帰ってます~(^^;;;
まだ左手の痺れは残っているし、全身の筋肉もまだ熱を持っているような感覚で、疲れは残っていますが、本当に楽しい一週間でした。
約500km走行の日が3日間続き、1998年の第10回大会以来、久々に道端で行き倒れて眠りこけたくらいハードでしたが、毎晩ビバークではアクシデントの報告会にお腹を抱えて大笑いしてたような気がします。(^O^)
一緒に走ってくださった皆さんやスタッフの皆さんに感謝、感謝です。ありがとうございました。

いつもの如くのんびりですが、また、レポートを書こうと思っています。
でも、今日はこれからTBI反省会?キャンプ&明日はツーリングなので、まずは着手がいつになるのかが不明ですが・・・(^^;;;
f0041031_17355826.jpg

by konomi-caffe | 2012-05-12 17:36 | TBI2012 | Comments(0)