2012北海道4days)Day-4 日高~芦別(後半)

やっぱり市販薬よりも診療所でもらった薬は良く効きます。風邪も、だいぶ落ち着いてきました。
年末のテレビはどのチャンネルを回してもいまいち、FUTUREの1年分でも見るか~・・・
そうだそうだ、せめて年内にゴールさせましょう、北海道4daysのレポート。
大晦日にやっとゴール!!・・・です、きっと。(^^;;;

37Pさんは給油で途中で寄り道。すっかり整備されて快適なR452をナックさんと一緒に北上する。ここでスタンディングの基本フォームの練習・・・(^^;
左手をグリップから離して、加速と減速。。。加速はまだ心と体の準備(予め前傾姿勢を作っておく?)ができるから良いけど、減速は上手く出来なくてつんのめりそう(多分、これが下りが苦手の原因にも繋がっているのかも?)。
加速も、フルとなるとなかなか・・・というか、胸がマップホルダーとかに当たっちゃってこれ以上は前傾出来ないんですけど。。。背が低いから??(;_;)
ナックさんが斜め前で、いとも簡単そうにやって見せてくれるんだけど、ヨタヨタと後ろで真似をしながら、う~~む、難しい・・・??と頭をかしげながら走る。
そのうち、ナックさんはポケットからスマホを取り出して片手で撮影とかまで始めちゃって、、、のどかなリエゾン。

コンビニとGSが並ぶ、R38との交差点でゴール乾杯用の一本を仕入れようという事に。
ここでタイミング良く37Pさんも合流。
私は明日からの道内ツーリングに備え、37Pさんはバイクを預け入れる札幌までの自走に備えて、ここで更に満タンに。
ここからは、一応?チームの代表(いつから?)という事で、私が先頭で3台でゴールまでウイニングラン!!・・・のはずが、早速、次の右折を見落として真っすぐ行きかけて「こっちだ、こっちだ」と呼びもどされる、、、えへへ。。。(^^;;;
結局ナックさん先導、37Pさんに後ろについてもらって、無事に芦別温泉スターライトホテル駐車場にゴール。スタッフの方に表彰式等の段取りの説明を受けて、パルクフェルメに。
ここで、先ほど仕入れた一本でプッシュ~~~!!「かんぱーーい!!」
f0041031_2321556.jpg
やっぱりゴールのプシュ~!!って、美味しいわ~!!(^o^)
ノンアルコールなんだけどね。。。(^^;;;

他の参加者も続々とゴールし、配られた軽食と果物(メロン&さくらんぼ)を食べながら道中のハプニングや武勇伝の話題で盛り上がっている。
そのうちにテーブルを片づけられ、開会式と同じような式典形式に椅子が並べられ、表彰式が始まった。
最初はチームクラス、予想通り?ラリーナッツ優勝。もうこれは、37Pさんとナックさん、2人のタイムが私のタイムをカバーして余りあるものだったからなのは一目瞭然! ただただ感謝です、ありがとう!!m(__)m
レディースクラスは、優勝が果樹ゑちゃん、2位がももちゃん、そして3位が私。以前のTBIでは、ももちゃんには全然付いていけなかったので、タイム的にもっと離れていると思ったけど、意外に近いのがかなり嬉しい!(^^)
そう、、、遅くても遅いなりに、少しずつは進歩してるってことだよね!

そして総合順位の発表。
下位から順に完走メダルが渡されて、私は33位だったけど、11位までに37Pさんはもちろん、ナックさんも呼ばれていない、、、という事で、私は2人のカメラを預かって撮影隊として前の方に移動して待機。
10位は、あら、いきなりナックさん。おめでとう!・・・あ、シャッター、シャッター、、、(^^;;;

4位までに37Pさんは呼ばれなかった。3位以上は確定してるってことね!?(^^)
今朝の時点では、ハラさんと1秒差の2位だった37Pさん、果たして逃げ切れたのかな?
Y田さんの声に、会場のみんなが固唾を飲んで聞き耳を立てる。
「3位、ゼッケン38番、原さん!」
会場にざわめきが起きる。逃げ切った37Pさんは胸を手で押さえて力が抜けたように椅子の背に倒れ掛かっている。いや~、良かったじゃない!?
「2位、ゼッケン60番、大内田さん!」
会場はざわめきどころじゃない、どよめきだ。当の37Pさん本人はてっきり2位は自分だと思って椅子から腰を浮かし、中腰姿勢のまま口をポカ~ンと開けている(今思えば、この姿こそ、写真に収めておくべきだった・・・!?(^^;;;)。いや、本人だけじゃなく、誰もこんな結果は予想していなかったんじゃないかな?
「1位、ゼッケン43番、眞田さん」
おめでとう~~!!(^O^)
1位と2位は1秒差だった。なんともまあ、劇的な結末じゃあないですか!?
f0041031_23192514.jpg
(写真、これもたまふさん、ありがとうございます)

チーム戦の影響もあるけど、順位というものにこんなに敏感になって、こんなにドキドキハラハラ、感動?したラリーはもしかしたら初めてかもしれない。同じチームで走ってくれた37Pさん、ナックさん、本当にありがとう!
美しい風景の中、楽しい旅を一緒に走ってくれた参加者の皆さん、ありがとうございました。
そしていろいろお世話頂いたスタッフの皆さん、いつもありがとうございます。
また、次のラリーで会いましょう!

・・・というわけで、レポートは九州4daysにつづくのである。。。!?(^^;;;

by konomi-caffe | 2012-12-31 23:27 | 2012北海道4days | Comments(0)

2012北海道4days)Day-4 日高~芦別(前半)

なんとか年内にレポートをゴールさせようと、ここにきて急ピッチで進み始めた北海道4daysのレポート。いよいよゴール!!・・・まで辿り着けるのか??

今日も天気は上々!
リザルトを確認すると、私は一つ順位を落としている。内心はもっと大幅に落ちたと思っていたので、ちょっと意外な感じがする。それにしても、チームのあとの二人が良すぎて、一人で足を引っ張っているような形になっているのが申し訳ないような(~o~)、、、いやいや、もともと勝ちを狙うチームじゃないんだから!?(^^;;;
ナックさんも順位を落としたけど、それでも8位。37Pさんは2位をキープ・・・?!うわ~!!なんと、3位のハラさんが1秒差に迫っている!!

やばい!!37Pさん、プレッシャーで顔が真っ白(俗に言う「顔面蒼白」というやつ??)。
「37P、大丈夫、大丈夫、落ち着いて!」
「・・・」
(ひゃ~!反応が無い!!(><))
オロオロする私に元気な年寄りさん「木の実ちゃん、まるでお母さんみたいだぁ!!(^o^)」
(あたりまえでしょ!親方なんだから!!・・・あ、あれ??(ーー;;;)
ここで37Pさんが焦って崖落ちしたら、チーム優勝が・・・!
(だから~ぁ、勝ちを狙うチームじゃなかったハズじゃ・・・??(^^;;;)
「37Pは普通に走っても十分速いんだから、落ち着いて走れば大丈夫だから!」
「・・・オレ、、、全然速くなんかない!!」
(ひえ~~・・・!!逆効果だったか~!?(*o*))
リザルトを見た周囲は、TBIの時のようなハプニングを再び期待して(^^;、あれやこれや、37Pさんを焦らせるようなチャチャを入れてくる。
あ~っ!?ミサイルさんまで!!
「ちょっと~お!これでホントに37Pが崖落ちしちゃったら、ミサイルさんの請求書、踏み倒すからね!!(ーー#」
「ひぃ~!そ、そんな~~!!(ToT)」

北海道4days最後のSSは、昨日の2本目のSSの逆走。あのザクザクを今度は下るのか~・・・と思うと気が重い。私の一番悪いところは、少しでも「イヤだなぁ・・・」と思ったり「怖い!」と思うと、それがライディングにもハッキリ反映されてしまうところ。自分でも呆れるくらい無気力なライディングになったり、ちょっと怖いと思うとすぐに身体が固まって、足もすくんで力が入らなくなり、もの凄く不安定なライディングになる。
f0041031_052292.jpg
f0041031_05314.jpg
このSSではその悪いところが如実に現れてしまい、最初の下りのザクザクの左コーナーで、あろうことか転倒。嫌いな路面とはいえ、こんな普通の林道で転倒するなんて、何年ぶり!?・・・ショックだ~~~(ToT)
それからはただ、ひたすらゆっくり慎重に、何台にもパスされながらなんとかゴール。

SSのゴールチェックを過ぎたところには、まだ37Pさんがいた。
「親方~!なんとか落ちずに、無事にゴールしました~!(^o^)」
スタート前とは打って変わって明るく元気な声で、プレッシャーから解放されたのが良くわかる。
「良かった~!でも、私がコケた~・・・(ToT)」
「え!?怪我は?」
「無い無い、ポテゴケだから、、、でも、心が折れた~・・・(ToT)(ToT)」
「3人パスしたんだけど、S君をパスするのにちょっと手間取っちゃって、2~3秒ロスしたかも・・・」
「3人も!?・・・そりゃ大丈夫だよ、きっと!」
ふえ~~ん!3人抜いて、更に2~3秒を争う人がいるってのに、、、かたやこの情けない私、なんだか申し訳ない。。。(;_;)

インフォメーションではこの後、“走り応えのあるリエゾン”とあったので、CP遅着しないようそれぞれのペースで先を急ぐ。
舗装の移動の後に入ったのは炭鉱厚真川林道。ここって、もう20年くらい前にトムラウシ温泉でゆっくりし過ぎてフェリーに間に合わないかも!?ということで、穂別から厚真までのショートカットルートだぁ!と走った林道かも??・・・でも、そんなに走り応えはあったっけ?
時間調整を兼ねてちょっと停まってコマ図を確認。90km付近と107km付近に広場があってその間はずっとダート。ははぁ・・・ということは、107km付近の広場がCPで、そこへ行くまでに一部、昨日みたいに荒れた部分があるということかな?

でも、予想は見事に外れ!(^^;
90km付近の広場がCPで、しかもこの先が工事中で通行規制してるので、通行可能時間まで全員ここで待つように、との事。次から次へと参加者がやってくる。ここへ到着する直前のクマ出没注意の看板のところで、本当に子グマが林道脇の斜面をコロコロと転がり落ちてきたらしく、その話で盛り上がっているグループもいる。確かに、この辺りは広葉樹も多くて(=どんぐりのなる木が多くて)、クマさん達にとっては暮らしやすそうだ(^^)
工事の休憩時間になったので、ナックさん、37Pさんに、美味しそうなメロンかソフトクリームのところで待ってて!!と頼んで、それぞれ出発。出発時は何十台もが一緒だったけど、少しずつバラけてきた。しばらくはフラットなハイスピードダートが続いて、「走り応えのあるリエゾンって・・・?」と思っていたが、ダムを越えた辺りから滑りやすく轍もついた黒土がむき出しの路面に。右折して厚真川林道に入ってからの下りでもこの路面が続いたので、初心者や大型バイクはかなり慎重に下った様子。

厚真川林道を下るとメロンの産地、夕張。国道を走っていると・・・あ、いた~!
2台を見つけて、メロンタイム。
f0041031_0535294.jpg
ナックさんに聞いたら一切れ300円だったって!?安~~い!!(^O^)・・・え!?リーチさん、500円だったって??
売ってるおばちゃんも、なんだか混乱してる。。。ま、美味しいからいいか!?(^^;;;
こういうところのメロンは、出荷タイミングを逃した完熟ものなので、本当に甘くて美味しいのだよ。
うしさん情報によると、ソフトクリームはこの先のお店の方が美味しいらしいということで、ここはメロンだけで出発。でも、ソフトクリームが美味しい所が見つからず、ゴール時間までの距離もあるので、ソフトクリームはあきらめてR452を一気に芦別に向けて北上。

このシュウパロ湖から桂沢湖に抜ける道も20年くらい前はまだ国道どころか長大な林道で、SX200やTT250-Raidにテントや寝袋を満載して走った思い出がある。鹿が飛び出してきて、ビックリしたっけ・・・。
ここ最近、北海道もトランポにKTMを積んで、セキレイ舘や旅の途中でのんびりして帰るというパターンが多いけど、今回の北海道4daysでは、20代、30代の頃に、キャンプ道具満載で走った思い出の道をたくさん走った。夜明けとともに起きだしてテント畳んで出発して、日が暮れたらテント張って・・・とにかく走って寝るだけなのに楽しかった。それは今も変わらず、、、いや、走って寝るだけというシンプルさは、ラリーも同じこと。私のライダーとして原点は、北海道にあったのかな?
数年のうちに、今度ははちべえ(F800GS)とツーリングしてみたいな(^^)

・・・なんて、思い出に浸ってたらやっぱり長くなってきた(ーー;;;。続く。。。

by konomi-caffe | 2012-12-31 00:59 | 2012北海道4days | Comments(0)

2012北海道4days)Day-3 陸別~日高(後半)

風邪がなかなか抜けません~・・・というか、悪化してる!?
夜更かししてないで寝てたら?なんて言われそうですが、とりあえず、3日目の続き。。。

R38に出て狩勝峠を越え、映画「ぽっぽや」のロケ地になった幾寅駅(ちなみに、冬の幾寅駅はこんなに素敵!)入り口近くの交差点でコマ図の指示は左折。
どこかで給油してたのか、信号待ち中に37Pさんが後ろからやってきてちょっとびっくり。この先はまた幾寅林道でダートなので、先に行ってもらう。幾寅林道を出てR237の占冠に出たと思ったらまたすぐにダート。へ~、こんなダートもあったんだ~!
このダートはいきなりR274のトンネル出口に突き当たった・・・と思ったら、またまたダートへ。おや?と思ったら、今度はミサイルさんが後ろにいた。適当なところで前に行ってもらう。
そのままSSの入口へ。あれ?ナックさんが2台くらい後ろに並んでる!?

SSのカウントダウンが始まる。3、2、1、プスン・・・
あ、あれ~~~!?エンスト!!(><)
キュルルル、キュルルル、、、キュルッ、、、キュルッ・・・ドドド・・・
はぁ~・・・焦った~!
なんだか一気に集中力が途切れてしまった。しかも、慌てて飛び出したら意外に狭くて鬱蒼としてて、ボケッとしてたら危なそうなルート。
おっと、おっと、、、おっとっと、、、と走ってたら、あっという間にナックさんに追いつかれてパスされてしまった(^^;;;

よれよれとゴールしたら、一旦町に出て給油して、一本ダートを抜けて次のSS。
SSの入り口にはナックさんも37Pさんもいて、タイヤのエア圧の調整等をしている。
SSの中で2人の邪魔をしちゃったらまずいので、先に行ってもらってから入る。
f0041031_23195385.jpg
f0041031_23214020.jpg
このSSは深砂利がザクザクのいやらしい路面で距離も長く、更に、ここまでのSSではあまりなかったアップダウンもある。でも、「う~・・・もうヤダ~(ToT)」と思いかけると、道端や分岐にKTM125等のエンデューロマシンとそのライダーと思しき若者(?)が立っていて「頑張って~!」と声を掛けてくれるので、そのたびに「よし、頑張ろう!」と気を取り直した。彼らが日高エンデューロクラブのメンバーだろうか?昨日の陸別にしても、今日の日高にしても、地元のライダーの皆さんの協力で成り立っていたみたい。本当にありがとうございました。

このSSもなんとか無事にゴールして、あとはビバークのひだか高原荘に向かうだけ。
・・・と、道端に停まっているKTMは、、、37Pさんのマシンだ!?
反対車線には救急車。
「えー?えー??えー!?37P、、、今度は何があったの?」
とバイクを停めて救急車の方に行くと、、、倒れているのは37Pさんじゃなくてぐんそ。
普段は消防署に勤めている37Pさんは、救急隊を手伝ってぐんその手当をしている様子。
「やだ!?ぐんそ、どうしたの?大丈夫!?」酸素マスクをつけられたぐんそを見て、心臓がバクバクしてきた。
「大丈夫、大したことないから。他のエントラントが溜まっちゃうとまずいから、行って!」とH木さん。確かに言う通りなので、気になりつつも現場を離れてゴールに向かう。
(ぐんそは、ご近所会のチームの一人とつるんで走っている時に、コマ図に気を取られて仲間内で追突し、手首を骨折。でも、運び込まれた病院のお医者さんや看護師さんがイケメン揃いだったので、結構幸せな?入院生活を送ったらしい・・・(^^;;;)
それにしても、今回の37Pさんは偉い!
崖落ちしてない上に、人助けまでしちゃうんだから、これは褒めてあげなくっちゃ!?
・・・と思ったのは覚えているけど、その後、ちゃんと褒めたかどうかは覚えていない(^^;;;

ひだか高原荘にゴール。今日は建物の中で布団で寝れる・・・が、せっかくの晴れた駐車場、あちらこちらで濡れたテントや湿ったシュラフが広げられている。私もテントとシュラフを乾かそうっと!(^^)
この日はゆっくりと温泉に入り、夕飯をすませ、遅くまでロビーの床でおしゃべり(写真はたまふさん)。
f0041031_23222334.jpg
まだ一日残ってるんだけどね、、、ま、良いよね!?(^^;;;

by konomi-caffe | 2012-12-26 23:27 | 2012北海道4days | Comments(0)

2012北海道4days)Day-3 陸別~日高(前半)

確か、九州4daysのスタートまでには書き上げたいと言って書き始めたはずですが、、、年内に書きあげられるのか怪しくなってきた北海道4daysのレポートは、まだまだ3日目です。(^^;;;

昨夜は散々食べて寝たので、朝は胃がもたれ気味・・・でも関係なく、しっかり朝食!(^^;
ここまでの総合順位は、なんと!37Pさんが2位!!、ナックさんも6位!
や、、、やばい!? 私、31位・・・(ーー;;;
いやいや、これでもガンバてるんだからね~!? それに、勝ちを狙うチームじゃないから??
(・・・と言ってる割には、最後まで37Pさんに「落ちないで!」攻撃を仕掛ける私なのだった(^^;;;)

朝のダートはショートカットになり、いきなり国道をハイペースで移動。
濃霧でカッパ着用者が多いけど、朝の濃霧は晴天の前触れと信じて(実は単に面倒くさいだけ?)カッパも着ないでそのまま走る。いつのまにか、果樹ゑちゃんやももちゃんとつるんで移動するような形に。
国道を外れて入ったせっかくのミルクロードの眺めは、霧で全く見えず。
その後、芽室温泉からダートを抜けてR273に向かう。果樹ゑちゃん達とゲートを開けてあげたり、開けてもらったりしながら、前になり、後ろになりで走っていたが、そのうちに一人旅に。

R237に出て、糠平のタウシュベツ橋でも見に行くのかと思ったら南下して、ナイタイ高原牧場へ。ここも十勝平野一望の素晴らしい眺めのはずなのに、濃霧で台無し。早く晴れてくれ!
そのままダートで幌鹿峠に。
然別湖に下る途中で霧も晴れ、予想通り日が差してきた。
いつの間にかまた一緒になったももちゃんの、ホッとした感じが伝わってくるような気がした。
然別湖畔を通過。波一つ無い静かな然別湖の湖面には天望山がくっきりと映り込んで、まさにくちびる山。停まってももちゃんに「ほらほら!これがくちびる山!!」と叫びたくなるような眺望だった。

瓜幕、鹿追を抜け、屈足で給油。
これから入る(と予想される)トムラウシの往復には、ダートだけでパンケニコロベツ、ペンケニコロベツ、シートカチ、レイサクベツでざっと100kmだし、東大雪荘やヌプンへの往復を加えると、更に50kmあるので、ここでの給油は必須。以前、KTM400のノーマルタンクでツーリングに来た時はここで給油したのに、パンケ~シートカチ~曙橋で燃料が不安になり、そこから折り返してレイサクベツ~ペンケで戻って来るという、残念な思いをした。
ガソリンを満タンにして、いざ!・・・と思ったら、ルートはペンケでもパンケでもなく、舗装の町道に。あらら、、、この道を走ったのは、もう10年以上も昔だったけど、確か、お店も何も無かったような気がする・・・という事で、十勝ダムを見下ろすパーキングで一休み。
ももちゃん、果樹ゑちゃんやミサイルさん御一行、ぐんそとご近所会御一行等、結構な人数がここに溜まって時間調整。お店もないし、お腹もすいたし、非常事態?と言う事で非常食を取り出し、お互いに大試食会??
雨もすっかり止んで晴れ間が広がって来た。

頃合いを見て再出発すると、あれれ?ちょっと大きなお店がいつの間にかできてて、何台ものバイクが停まっている。しまった~!ここで休憩すれば良かった~・・・(;o;)
CP1設定区間の入り口で大勢のライダーが溜まる。その中にはナックさんも。。。パーキングで非常食食べただけだからお腹すいた~、と話すと、
「へっへ~!オレなんか蕎麦食べて、ソフトクリームも食べちゃったもんね~!!」
「ひどーい!(ToT)(うっきーーーっ!くやしーーーっ!!こんなに私を怒らせたら、この後すぐに、ばちが当たるからねーーーっ!?)」
「どうだ?ちゃんとアクセル全開にしてるか~?」
(昨夜は、酔っぱらったナックさんと37Pさんに、私がいつまでも一皮むけないのは開けが足りないからだ!もっと開けろ!!と説教されてたんだけど、なんだよ、酔っ払いのくせに覚えてたのか~・・・!?)
「え??う~~ん、、、若干・・・(^^;;;」
「しょうがねぇなぁ~、じゃあ、稽古付けてやるか!?」
「う、、、うっす!お願いしまっす!」
というわけで出発。ちょうど同じタイミングで37Pさんを含む数台も通りかかり、みんな一緒に進むかと思いきや、その先のゲートの所でほとんどが停止し、ナックさんと私だけが先に進む。
ナックさんの後ろについてコーナー2つ抜けたら・・・??

「ナックさん、はえ~~~!!もう見えなくなっちゃった~・・・(*o*)」
と思ったら、視界の左隅の私の身長より高いラワン葺の茂みの上に赤いヘルメットが!?
「??トイレ??・・・いや、違うだろ??」(このキョトンとした間、空走)の後、ブレーキ!!
後ろを振り返ると、ナックさんが手招きしている。
「どうしたの~!?」
バイクを停めて歩いて向かった先には・・・
f0041031_0124472.jpg
クマザサの茂みの中に、進行方向と反対向きに横たわるナックさんのバイク!!
(うっわ~~・・・ホントにばちが当たっちゃった~~~!?(@o@))
コーナー出たところに埋まってた大きな石にフロントタイヤをはじかれてコースアウト、クマザサの中をそのまま走って林道に戻ろうとしたら、茂みの中の岩か切り株にまた引っ掛かって前転したとのこと。
腰を痛めているナックさん、この転倒で更に腰を打ち、自分だけではバイク起こせないので私に手伝って欲しいらしい。
(えへへ・・・でも、そんなに簡単には手伝わないからね~!?)
「わかりました~!でも、その前に写真、写真!(^o^)」
「なに~ぃ!?、、、しょうがねえなぁ、もう!」
あ、、、スマホは電池が持たなくて勿体ないからって、電源切ってたんだった。
「お~い、早く!」
電源入れて起動するまでに、ちょっと時間がかかる。
「ちょっと待って!今やっと立ち上がったとこだから!」
「いいからっ!早く起こすの手伝えよ~~!!(ーー#」
「わかってます、わかってますよ~!(まったく、ジャイアンなんだから・・・(^^;)」
バイクを起こして確認したところ、特に大きな損傷はない様子。エンジンも何とか掛かり、無事に再スタートできそう。
・・・ということで、稽古?は中止となり、先に出発。
シートカチからレイサクベツへ入るべきところ、間違って分岐を直進、分岐に戻るところで、ナックさんがやってきて先にレイサクベツに入っていった。前転のダメージは全く無さそう、、、良かった、良かった!?

マイペースでダートを進み、レイサクベツとシートカチがまた合流し、コマ図には「この先荒れ放題」と書かれたその地点に差し掛かると・・・
稜線に出てパ~ッと視界が広がり、すっかり晴れ上がった爽やかな青空の下、荒れた路面でのペースが心配で先に林道に侵入してたバイクや、重量級軍団が累々と流水轍の中でもがいている!?
それらを避けて縫うように進む。ぐんそがバイクを押している脇を通り、その少し先にぐんそを待っている様子のスノジさんがいて目が合ったが、片手運転で手を振るほどの余裕はなかったので、「お先に!」と目で目で会話?して通り過ぎる。この時の私の眼はしかし、スノジさん目撃情報によると、結構「真剣な眼」だったらしい・・・?(^^;;;

すぐに路面はフラットな快適ダートに戻り、後はひたすら大雪を下る。途中で37Pさんが抜いて行った。37Pさんはシッティングでリアタイヤを豪快に滑らせてコーナーを抜けて行く。スタンディングでスルスルとコーナーをぬけるナックさんとはまた、全く違うスタイル。
そこから少し行った、ダートの出口直前にCP1。
f0041031_0152797.jpg
結局、ここでチーム3人が一緒になる(チェックカードを提出する私の後ろにナックさんと37Pさんが写っている)。
「おっ!あそこを全員普通に抜けてくるなんて、うちのチーム、優秀じゃん!」と嬉しそうな37Pさん。
(ほっほっほ・・・実は私、ああいう道、大好きだも~ん!(^^))

CP1を3人で一緒に出発・・・あれ?1台、可愛いのが一緒に、、、ナックさんの娘さんですか~?(^^;
かるらさんがガス欠の危機ということで、ビッグタンクを積んでるナックさん(あ、いや、37Pさんも私もビッグタンクなんだけどね・・・(^^;;;)にガソリンを分けてもらえないかと、声をかけたとの事。
関西ナンバーで、37Pさんとも知り合いの様子。もし途中でガス欠したら分けることにし、とにかくは一番近いGSまで間に挟んで一緒に走る。車高の高いKTMと後ろをついて行く小さなセロー、なんだか動物の親子みたいで微笑ましい!?(^^)
(実はかるらさん、もうずっと以前にTBIのスタートの写真をSSERを通じて届けて下さった事があったのでした。結婚されて名前が変わっていたり、頂いた年賀状の写真で覚えていたのは僧形姿だったりで、最初は同一人物とは全然気付きませんでした。失礼しました!)
日曜日だったので、最初のGSは閉まってたけど、なんとか次のGSまで無事に到着。2人はそこから先行し、かるらさんと私はそこで給油してそれぞれに出発。


ん~~・・・なんか、長くなってきた。後半につづく。

by konomi-caffe | 2012-12-25 00:25 | 2012北海道4days | Comments(2)

2012北海道4days)Day-2 当麻~陸別

あ~・・・気付けばもう年末、仕事も遊びも忙しかった11月を無事に乗り切ったと思いきや、、、ここにきて体調崩してぐったりしてます。
あの爽やかな夏の日が懐かしい今日この頃です。。。


・・・で、北海道4daysの2日目です。

朝、目を覚まして最初に耳にしたのが、テントを打つ雨音・・・(ToT)
はぁ~、、、スタートまでには止んでくれないかなぁ!と思いつつ、そういえば、今日は何時スタートだ?と、元気な年寄りさん(注:ニックネームです)と一緒に掲示板に向かい、スタート時刻を確認。
・・・と、あれ!?!?
なんと、果樹ゑちゃんのスタート順が旦那のミサイルさんの前??(*o*)
SSのタイムを確認したら、1秒差で果樹ゑちゃんが勝っちゃってる!
年寄りさんと顔を見合わせると同時に、ミサイル夫妻のテントに一直線にダッシュ!!
「大変!大変!! 昨日のSS、果樹ゑちゃんに負けちゃってるよ~!!」
「え!?・・・(10秒沈黙の後)・・・大丈夫、大丈夫!」
「・・・な、な、、、何が??(^^;;;」
「い、い、、、いや・・・(しどろ、もどろ、、、)」
以降、今日に至るまで、ミサイルさんは事あるごとにこのネタでからかわれることになったのでした・・・(^^;;;
でも、果樹ゑちゃんの速さは本物だよ!こういう事があってもおかしくはないのだ。(^^)d

で、準備をしてパルクフェルメに向かうと、、、あれ??ナックさんのマシンと私のマシンが2台、ポツンとパルクフェルメの外に。。。
しまった、ここがパルクフェルメじゃなかったのね・・・(^^;;;
「ちゃんとパルクフェルメに入れて下さいよ~!」と言うスタッフのK主さんに「す、すいません、間違えちゃった~、ははは!」と笑ってごまかす(^^;;;

スタートして最初のSSは昨日の逆走。今度はちゃんとゴーグルをしてスタート。
f0041031_0373862.jpg
まだまだ身体もバイクも寝ぼけているけど、ハイスピード林道を気持ち良~く走りつつ、マップを巻こうとすると、、、あれ??動かない!? 
ま、轍がたくさん残っていたので、それを追い掛けながら無事にゴール。
一旦停止して、再スタートしてハタと気付いた「あ・・・ヘッドライト、つけ忘れてた!」
だからマップも動かなかったんだ、、、ヘッドライト無点灯でペナルティ付いちゃうかなぁ?

その後、R39を東へ。当麻~陸別も、単に国道を移動するだけならあっという間の近さだ。どういうルートになるのかな?
このままR39で行くなら一旦北に向かって北見の林道群を走るか、R273に入れば三股から置戸に抜ける林道群??
層雲峡に差し掛かった頃には雨も上がり、少し日も差してきた。所々でカッパを脱ぐエントラントの姿も。。。
どうしようかなぁ・・・と思っているうちにコマ図の指示に従いR273に。もう雨は降らないだろうと判断して、三国峠でカッパを脱ぎ、ついでにソフトクリーム!(^^)
f0041031_0144670.jpg
実はチョコナッツのトッピングもしてもらったんだけど、撮影時には既に食べちゃってた。
甘いソフトクリームの後にコーヒーまで堪能して再出発。

再出発して予想通り、置戸へ抜けるフラットダートへ。昔、ここを走っている時にフロンブレーキキャリパのねじが脱落、コーナーで右手のスカ~ッという感触にドッキリしたっけ。。。
おけと湖から置戸の町を通り、チミケップ湖へ。ここのキャンプ場では夜、人工衛星までしっかり見えたっけ。。。なんて昔の思い出に浸っていたら、CP-1。
f0041031_0153065.jpg
かわいいキタキツネがみんなをお出迎え。K川さん「さっきまであっちにいたんだけど、木の実ちゃんをお出迎えしようとそっちに行ったのよ(^^)」だって!・・・K川さんに言われると本当にそんな気がしちゃうよ・・・(^^;;;

この日はそれからも懐かしいルートが続く。
津別の町に出て、津別峠へ、、、と思ったら途中で美幌林道にそれてR243美幌峠へトラバース、、、ほほ~~う、そうきましたか!?(^^)
そして予想通り、屈斜路湖畔林道へ。この林道はすぐ脇まで屈斜路湖の波がひたひたと打ち寄せる場所もあれば、こんな風に緑のトンネルになっている場所もあり、道東ツーリングには欠かせないスポットだ。うっとりしてたら、いつの間にかトシヨシさんが後ろにきて抜いて行ったけど、その後ろ姿さえもなんだか風景の一部に溶け込んで、優美に見えるのだった(^^)

そして大渋滞の摩周湖展望台、ここはお約束の霧が出ていて、もし展望台に登ったら人生初めての「霧の摩周湖」が見えたかもしれない・・・晴れた摩周湖を見ると婚期が遅れるというのは有名な話だけど、私は晴れた摩周湖しか見たことが無い・・・が、もう手遅れだし(^^;;;、今日は何気にタイム設定が厳しいので先を急ぐ。
でも、やっぱりお腹は空く。コマ図の299km付近にラーメン屋があり右から2番目のメニューがお勧めらしいけど、そこまでお腹が持たないので、弟子屈の目についたラーメン屋に立ち寄る。既に数人のエントラントも入っていた。トシヨシさんやみさキングもいっしょになり、それぞれ別々のメニューを頼んで堪能。H木さんのお勧めではないらしいけど、ここも十分に美味しかった(^^)

その後、気が付くと鶴居村まで南下。そしてまた鶴見峠のダート(ここがまだダートだったとは意外!)を越えて阿寒湖に。
雌阿寒岳火口の荒々しい岩肌を眺めながら国道を西に進み、いよいよ今日2つめのSS。
まだ8人目と聞いて「えー!?」とびっくりしつつも、SS-IN。
浮砂利のいやな感じの路面で慎重に進む。明日は陸別クロスカントリーという別のイベントもあるらしく、コースの脇に黄色いコーステープなんかが張ってあって、「こんなとこに入っていくのか~、こっちも楽しそう!?」なんて思ったりしながらゴール。
3つめのSSはWRCでも使用されたというフラット&ストレートな超高速林道。
f0041031_0164769.jpg
・・・でも、早すぎないか!?というタイミングで私のビビリミッターがON(;_;)
いくらフラットでストレートでも両側は森、もし鹿でも飛び出してきたら、私、どうなっちゃうの??と、ふと思った瞬間に、みるみる右手の力は緩んでしまったのだった、、、ダメだなぁ>私(ーー;;;

SSを抜けて市街地で給油して今日のビバーク、陸別サーキットにゴール。
417.74kmのルートだったけど、四国に比べてアベレージが高いのと、真夏で日が長いのとで、凄く早い時間にゴールできた感覚。実際にまだゴールしている人は少ないらしく、元気な年寄りさんが「あれ~!?早いね~~!!」とビックリしている。
陸別サーキットのブログに載せたいと、サーキットの人に写真を撮ってもらう。あらら、ナックさんも載ってた!(^^)

ん?あれ!?深Pさん、どうしたの??
なんと、ナンバープレートを落としてリタイヤとのこと。
F岡さんもマシントラブルでリタイヤ。
・・・という事は、チーム「GO!GO!MISAKING」はチーム戦から離脱??
んん??KTM埼玉の「押忍」はなんだかペナルティが付いちゃってる???
大所帯の「ミサイルファクトリー」は・・・大所帯過ぎて計算するのが面倒だけど、ペナルティ付いちゃったメンバーも複数人????
(実はうちから一番ご近所のフロンティアというチームもあったんだけど、この時点ですっかり見落としてました、、、すいません)

あれ?あれ??あれ~え!?!?
もしかして、もしかして・・・これはチーム優勝狙える??(^O^)

バーベキューでワイワイと盛り上がる中、そのことを伝えると、ナックさんは密かに気付いていた様子。TBIの「心の友」に続いてのチーム優勝を狙っていたらしい!?(^^)
「37Pが落ちさえしなければ、イケるよ!!」
「え~~~!?」
そう、この瞬間から私は常に37Pさんの耳元で「37P、落ちないでね!落ちないでね!!」を呟き続ける煩いおばさんに変身したのでした(^^;;;
当初は「勝ちなんか狙ってないから~・・・」なんて誘ったくせに、慣れない優勝なんてのが目の前にぶら下がったら、人間、こんなにもコロリと変わるもんなんです。。。あははは~・・・(^o^)

「これ、本当に羊??全然、臭くない!こんなに美味しい羊、初めて食べた!」
「生ラムだからだよ!」
37Pさんが生ラムに感動しているのが可笑しかった。
彼の中での羊はどうやら、モンゴルで食べたマトンの塩ゆでのイメージが大きいようだ。関西以西ではあまり、羊は食べないのかな?
TBIとは全く違う、華やかで贅沢な酒宴が続く。。。

by konomi-caffe | 2012-12-17 00:27 | 2012北海道4days | Comments(6)

2012北海道4days)Day-1 芦別~当麻

すっかり秋めいてきて、九州4daysも終わり・・・なんだか、今更という感じなんですが、まあ、書き始めてしまったので・・・(^^;;;

まずは Day-1

前日に飛行機で北海道入りし、夜、フェリーでバイクを運んできてくれたミサイルチーム御一行やナックさん達と合流。苫小牧の普通の回転ずしがめっちゃ美味しくて、北海道に来たのを実感!(^^)
あれもこれも、いろんなネタを食べたいので、ナックさんに「一皿を一個ずつ分けて食べようよ!」と持ちかけて思う存分、北海道の海の幸を満喫したのでした。北海道、素敵!(^^)
雨も上がった深夜に会場入りして駐車場でテント泊。

・・・で、朝、天気は曇りでなんとか雨は降らないでいる。でも、これから近くに宿泊してた関西勢、、、正確には雨神様であらせられる、うしさん(^^;、、、が近づいてくるので、油断はできない(ーー;;;。
その関西勢も次々に到着して、賑やかになって来た頃、な~~んか、視界の端っこに目にしみるような刺激が・・・!?と思ったら、オレンジ色のバイクにオレンジ色のカッパ着た37Pさんだった!(^^;;;
「おはよ~~!!どんだけオレンジが好きなんだよ~??」
(でも最近、青いのに浮気しちゃったのよねー?(ーー;;;)

いつも通りの慌ただしい受付、車検、マップ貼りの時間が過ぎ、、、でも、出されたお弁当は海鮮丼というのが、また、北海道らしい?
開会式もTBIとは違って、椅子を整列させて式典形式。
f0041031_0203846.jpg

そしてスタート、、、と行きたいところだけど、グランドスタートは開会式会場から7km以上離れた芦別駅前まで移動してそこから、一人ひとりの紹介をしながら。
f0041031_0211192.jpg

開会式が終わった時点で走る気満々?だったのに、なんかこの時間で間延びしちゃって気分はダダ落ちだったのだけど、、、
でも、バイクで走りだせば、すぐに気分も上向き!(^^)・・・我ながら単純!?
f0041031_0214628.jpg


スタートしてすぐのダートは予想通り、野花南から美馬牛に抜ける道々。やっぱそうだよね?芦別から当麻じゃ近すぎるから、ここは“The 北海道!”という感じの美瑛や富良野の景色を抜けてくよね~!?
・・・と思ったので、コマ図の距離が合わなくても自信を持って進めたけど、あまりに距離が合わないので、ダートの入り口では37Pさんが停まってコマ図とICOを確認している様子。
「こっちで良いんだよ~、こっち、こっち!」
と聞こえたかどうかはわからないが(^^;、ヘルメットの中から声をかけつつ、「北の国から」のテーマなんかハミングしつつ、いかにも北海道という広いフラットダートを突き進む。
上富良野に抜けて「やっぱり北海道といったらこういう景色だよね~!?(^^)」と、改めて北海道を走る喜びが湧いてくるような美しい丘の風景の中を観光気分で走り、滑空場から俵真布のダートを走って北上。

あいにく雨が降ってきてカッパを着ることになったけど、当麻に近づいてきたこの辺りは、その昔、あの有名な『当麻フォレストエンデューロ』なんてやってたくらいなので、未知の林道群が次々と出てきて、これまた楽しさが倍増!(^O^)
・・・と、林道脇にわらわらと数人が集まっていると思ったら、なんと!しんぼりさん改めしょんぼりさん(!?(^^;;;)のBMWがコースアウトしている!!
幸い、林道脇が広くて崖落ちというほどの落差はなかったので、1200GSの巨体も、そこの数人であっという間に引き上げ完了。よかった、よかった(^^)。

それにしても、H木さんのコマ図は、ミサイルさん言うところの「愛が無い!」。
距離は全然合わないし、Y田さんのコマ図だと数km走ってなにも目印の無い所を曲がるときは、その手前にICOを補正するのに必要な何かしらの目印を示すコマを入れてくれるのに、それも無い(>_<)。
まあ、仕方ない、本業?がエンデューロだからという事にしておこう・・・??

・・・で、BMW引き上げ現場の先で集団ミスコースが発生したのは、そのコマ図のせいだと言うつもりはないが、、、と書いてる時点で、実は言うつもりなんだろう?という事なんだけど。。。(^^;;;
だってね、ベテランのトシヨシさんなんかも一緒にミスコースしたんだからね。

ミスコースして下って突き当たった林道はなんと、SSのど真ん中だったらしい(*o*)。
スタッフも「なんでこんなところに、こんなに大勢が!?」とビックリしている。そこへH木さんが乗った四駆が来て、、、「戻って!」
「ふぁ~い・・・(ーー;;;」
結局、コマ図に左折の指示があったけど、そこがどこなのかわからないまま道なりに進んだら、SSの入り口に着いた。

SSのスタート待ちの間に雨が強くなってきて、ゴーグルも曇ってしまった。
まあ、いいか!とゴーグルを外してSSスタート・・・
f0041031_0223237.jpg

失敗した。。。
四国とは全然スピードが違うので、雨粒が痛くて目を開けていられない!!(><)
雨で路面は締まってグリップがいいし、直線長いし、コーナー緩やかだし、、、でも、目が、顔が痛くて、これ以上はアクセル開けられない~~(ToT)
すっかり戦意喪失のままSSゴール・・・

キャンプはスポーツランド当麻。雨の中のテント設営は気が重い。
時間的にお風呂はもう営業終了ということで、夕飯を・・・と思ったら、37Pさんが「携帯電話が無い!!」とあたふた。。。何度か、その電話に発信して探すお手伝いをしたけど、あまり役に立たないうちに私のも電池切れになってしまったので、悪いけど見捨てて(^^;、夕飯を食べに行く。
既にミサイルファクトリーやご近所会は乾杯も済んで盛り上がっている。
「今夜のメニューは何?」と聞いたらスノジさんから「行けばわかります!凄いよ!!(^o^)」との返事が。。。
期待でワクワクしながらコッヘル持って向かったテントには、なんと!20種類くらいの料理の皿が並んでいて取り放題!(^o^)
どれも美味しかったけど、特に“でんすけすいか”が甘くて、みずみずしくて最高に美味しい!
テントにいたお兄さんが「東京じゃ、一玉8000円くらいで売ってるんだよ!」と言ってたけど、後日、本当にその通りなのを確認!(@o@)
f0041031_0233316.jpg

あ~、もっと食べておくんだった・・・!?(^^;;;

雨が降ってたけど、ご飯が美味しかったので幸せな気分で就寝(^^)。

by konomi-caffe | 2012-10-22 00:25 | 2012北海道4days | Comments(2)

2012北海道4days)新チーム結成!

TBI2012には後日談があって、閉会式翌朝、トランポに戻るまでに必要な荷物以外は20kgダッフルに入れ、自宅に送ってもらえるようオフィシャルのトラックに預けたのですが、、、
もうトラックの荷台もきっちり閉めてゴム紐で括ってしまった後になって「あ~~~!?お財布と家の鍵、ダッフルバックの中だ~~!!(><)」という事に気付いたのでした。
最後の最後までネタを炸裂・・・
あの時、荷台の一番奥にあったダッフルバックを探して引っ張り出してくださったのは、確か、カ○ルさんだったような、、、ありがとうございました。九州でお会いできるの、今から楽しみです(^^)

・・・で、TBIの次は北海道4daysのレポートです。九州4daysのスタートまでにはなんとか書き上げたいところです(あくまで希望・・・(^^;;;)。

まずは、チーム結成の経緯?から・・・

TBIでいっしょだったしまさんはお仕事が激忙のようで北海道は不参加。北海道にしようか、モンゴルにしようかと迷っていたシラス君は、結局、ミサイルさんのお手伝いでモンゴルに拉致(?(^^;)されることになってやっぱり不参加で、うちの部屋は早くも廃業状態(^^;;;
ミサイルファクトリーからは大挙して参加の予定だけど、当初は特にチーム編成の話は上がっておらず、どうしようかなぁ・・・と思っているところに、なんと、なんと!華麗なスタンディングフォームがCoolなナックさんから「チームエントリーはどうしますか?」との連絡が!!

「えーー!!ホントに良いんですか!? 喜んで!!(^O^)」

実は、3月にいわきに遊びに行った時に「やっぱり全戦、出ないとね!」とナックさんが言うのを聞いて北海道に出るのを知ってたので、TBIの時から強烈にラブコールを送り、TBIの現場では使いさしのフロントブレーキパッドで恩を売るという作戦まで敢行(!?(^^;;;)したんだけど、「でもなあ、勝負を考えるんだったら、私とは組みたくないよなぁ・・・」とも思って、最後のひと押しをちょっと躊躇してたのでした。
ナックさんはTBIでは「チーム心の友」だったんだけど、夏はそのうちのかんちゃんと右近さんがモンゴル、のび太も北海道は不参加で、「心の友」も解散という事らしい。

でも、チームエントリーするには3人必要なんで、あと1人、どうしよう??(ーー;;;
あ、、、そういえば、TBI解散時に37Pさんが「北海道も検討中」って言ってた!!
37Pさんがいた「チームラリーぱみゅぱみゅ」も、たいちぇんさんはISDE、M井君はアジアXCでやっぱり解散?のはず。

・・・ということで
「私がいるのでチーム成績は狙わないので崖は落ち放題。ノルマは全員、完走とソフトクリーム2個/日」
という条件で打診したところ
「転落&トラブル率高い自分でもよければ!」
と、TBIであれだけ勝つ気満々のチームを組んだ人物とは思えないような、しおらしい?返事が返ってきた。。。(^^;;;

よし、決まり! 北海道4daysのチームはこの3人。
TBIの時とはまた、一味も二味も違う大人のチームの誕生!?(^^)
(どこが!?大人げないやつばっかじゃないか~!?というツッコミは却下!(ーー;;;)

めでたくチームメンバーが決まったので、じゃあ、チーム名考えないとね~(^^)
でも、なかなか良い名前が浮かばない。若干1名は「木の実山部屋、以外に考えられません!」なんて言って全然、考える気がなさそうだし・・・(ーー#
その時、流石はセンスの良いナックさん。
「木の実を英語にするとナッツ。ナッツは趣味に狂うとか、夢中になるとかいう意味のスラングでもあるから、木の実とラリー馬鹿を掛けて、ラリーナッツでどうでしょう?」
わ~~い!素敵、素敵!! もうねぇ、意味も素敵だけど、それ以上に、毛筆チックじゃない横文字のカッコいい?名前というのが本当に素敵!!(^^;;;
ナックさん、ありがとう!!

しかしこのメンバー、いつも一緒に走って遊んでいるわけでは、勿論ない。なにしろ、住んでるのが福島、広島、神奈川とバラバラ!(^^;;;
当然、合宿も無理。
まあ、合宿なんかしようがしまいが、今回もみんな、てんでバラバラにそれぞれ好きなペースで走るんだろうけど(^^;
チームアイデンティティって、なんかあるのか?・・・と思ったら、なんと、ナックさんと37Pさんが'05KTM525EXC-R、私が'06KTM400EXC-Rと、マシンがほぼお揃いなのが判明!
あらららら・・・これって、最高のチームアイデンティティ、まるでワークスチームじゃない!?(^^)d

・・・で、発表されたエントリーリストを見ると、、、あれ!?メンバーのゼッケンが続き番号のチームが多い中、うちは見事にゼッケン飛び飛び!!(ーー;;;
エントリー書類をまとめて一緒に送らないとダメなのか??
ま、これもまたチームカラーみたいでおもしろいじゃん!(^^;;;

そんなこんなで北海道4daysも、TBIに負けず劣らず楽しいものになりそうです・・・ワクワク!(^^)

by konomi-caffe | 2012-09-01 08:55 | 2012北海道4days | Comments(0)

2012北海道4days) 写真だけ先に!

北海道4daysも写真だけ!
こっちは、メインイベント後の+α がたっぷり(^^)

北海道4days+α の写真

by konomi-caffe | 2012-07-30 21:51 | 2012北海道4days | Comments(0)

北海道最後の朝は・・・

f0041031_9402698.jpg

ラリーに足を踏み入れた女子、成長著しい女子、まだまだ走れるぞF3F0.gif女子、まったり楽しいおしゃべりF649.gif新しい仲間が増えて嬉しいF3F1.gifF48B.gif

by konomi-caffe | 2012-07-21 09:40 | 2012北海道4days | Comments(0)